Home > R1後期問題と解答・解説 > 関係法令(31~40)

スポンサーリンク

関係法令(31~40)

R1後期-問31

ボイラー(小型ボイラーを除く。)の附属品の管理について、次の文中の[  ]内に入れるA及びBの語句の組合せとして、法令上、正しいものは1~5のうちどれか。

「温水ボイラーの[ A ]及び[ B ]については、凍結しないように保温その他の措置を講じなければならない。」

1:A=吹出し管 B=給水管

2:A=あふれ管 B=逃がし弁

3:A=給水管 B=返り管

4:A=返り管 B=逃がし管

5:A=安全弁 B=あふれ管

解答と解説

R1後期-問32

法令上、ボイラーの伝熱面積に算入しない部分は、次のうちどれか。

1:管寄せ

2:煙管

3:水管

4:炉筒

5:蒸気ドラム

解答と解説

R1後期-問33

ボイラー(小型ボイラーを除く。)の検査及び検査証について、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

1:ボイラー(移動式ボイラーを除く。)を設置した者は、所轄労働基準監督署長が検査の必要がないと認めたボイラーを除き、落成検査を受けなければならない。

2:ボイラー検査証の有効期間の更新を受けようとする者は、性能検査を受けなければならない。

3:ボイラー検査証の有効期間は、原則として2年である。

4:ボイラーの燃焼装置に変更を加えた者は、所轄労働基準監督署長が検査の必要がないと認めたボイラーを除き、変更検査を受けなければならない。

5:使用を廃止したボイラーを再び設置しようとする者は、使用検査を受けなければならない。

解答と解説

R1後期-問34

法令で定められたボイラー取扱作業主任者の職務として、誤っているものは次のうちどれか。

1:適宜、吹出しを行い、ボイラー水の濃縮を防ぐこと。

2:低水位燃焼しゃ断装置、火炎検出装置その他の自動制御装置を点検し、及び調整すること。

3:1週間に1回以上水面測定装置の機能を点検すること。

4:最高使用圧力をこえて圧力を上昇させないこと。

5:給水装置の機能の保持に努めること。

解答と解説

R1後期-問35

ボイラー(小型ボイラーを除く。)の次の部分又は設備を変更しようとするとき、法令上、ボイラー変更届を所轄労働基準監督署長に提出する必要のないものは次のうちどれか。
ただし、計画届の免除認定を受けていない場合とする。

1:給水ポンプ

2:節炭器(エコノマイザ)

3:過熱器

4:ステー

5:据付基礎

解答と解説

R1後期-問36

次の文中の[  ]内に入れるA及びBの数値の組合せとして、法令に定められているものは1~5のうちどれか。

「鋳鉄製温水ボイラー(小型ボイラーを除く。)で圧力が[ A ]MPaを超えるものには、温水温度が[ B ]℃を超えないように温水温度自動制御装置を設けなければならない。」

1:A=0.1 B=80

2:A=0.2 B=100

3:A=0.2 B=120

4:A=0.3 B=120

5:A=0.4 B=120

解答と解説

R1後期-問37

鋳鉄製温水ボイラー(小型ボイラーを除く。)に取り付けなければならない法令に定められている附属品は、次のうちどれか。

1:験水コック

2:ガラス水面計

3:温度計

4:吹出し管

5:水柱管

解答と解説

R1後期-問38

鋼製ボイラー(小型ボイラーを除く。)の安全弁について、法令に定められていないものは次のうちどれか。

1:伝熱面積が50m2を超える蒸気ボイラーには、安全弁を2個以上備えなければならない。

2:貫流ボイラー以外の蒸気ボイラーの安全弁は、ボイラー本体の容易に検査できる位置に直接取り付け、かつ、弁軸を鉛直にしなければならない。

3:貫流ボイラーに備える安全弁については、当該ボイラーの最大蒸発量以上の吹出し量のものを過熱器の出口付近に取り付けることができる。

4:過熱器には、過熱器の出口付近に過熱器の温度を設計温度以下に保持することができる安全弁を備えなければならない。

5:水の温度が100℃を超える温水ボイラーには、安全弁を備えなければならない。

解答と解説

R1後期-問39

法令上、原則としてボイラー技士でなければ取り扱うことができないボイラーは、次のうちどれか。

1:伝熱面積が10m2の温水ボイラー

2:胴の内径が720mmで、その長さが1200mmの蒸気ボイラー

3:内径が500mmで、かつ、その内容積が0.5m3の気水分離器を有する伝熱面積が30m2の貫流ボイラー

4:伝熱面積が2.5m2の蒸気ボイラー

5:最大電力設備容量が60kWの電気ボイラー

解答と解説

R1後期-問40

ボイラー(小型ボイラーを除く。)について、そうじ、修繕等のためボイラー(燃焼室を含む。)の内部に入るとき行わなければならない措置として、ボイラー及び圧力容器安全規則に定められていないものは次のうちどれか。

1:ボイラーを冷却すること。

2:ボイラーの内部の換気を行うこと。

3:ボイラーの内部で使用する移動電燈は、ガードを有するものを使用させること。

4:監視人を配置すること。

5:使用中の他のボイラーとの管連絡を確実にしゃ断すること。

解答と解説

スポンサーリンク

Home > R1後期問題と解答・解説 > 関係法令(31~40)

Page Top

© 2011-2020 過去問.com