Home > R1後期問題と解答・解説 > 燃料及び燃焼(21~30)

スポンサーリンク

燃料及び燃焼(21~30)

R1後期-問21

重油の性質について、誤っているものは次のうちどれか。

1:重油の密度は、温度が上昇すると減少する。

2:密度の小さい重油は、密度の大きい重油より一般に引火点が低い。

3:重油の比熱は、温度及び密度によって変わる。

4:重油が低温になって凝固するときの最低温度を凝固点という。

5:密度の大きい重油は、密度の小さい重油より単位質量当たりの発熱量が小さい。

解答と解説

R1後期-問22

重油に含まれる成分などによる障害について、誤っているものは次のうちどれか。

1:残留炭素分が多いほど、ばいじん量は増加する。

2:水分が多いと、息づき燃焼を起こす。

3:スラッジは、ポンプ、流量計、バーナチップなどを摩耗させる。

4:灰分は、ボイラーの伝熱面に付着し、伝熱を阻害する。

5:硫黄分は、ボイラーの伝熱面に高温腐食を起こす。

解答と解説

R1後期-問23

燃料の分析及び性質について、誤っているものは次のうちどれか。

1:組成を示す場合、通常、液体燃料及び固体燃料には元素分析が、気体燃料には成分分析が用いられる。

2:燃料を空気中で加熱し、他から点火しないで自然に燃え始める最低の温度を引火点という。

3:液体燃料及び固体燃料の発熱量の単位は、通常、MJ/kgで表す。

4:高発熱量は、水蒸気の潜熱を含んだ発熱量で、総発熱量ともいう。

5:高発熱量と低発熱量の差は、燃料に含まれる水素及び水分の割合によって決まる。

解答と解説

R1後期-問24

油だきボイラーにおける重油の加熱について、誤っているものは次のうちどれか。

1:粘度の高い重油は、噴霧に適した粘度にするために加熱する。

2:C重油の加熱温度は、一般に80~105℃である。

3:加熱温度が高すぎると、息づき燃焼となる。

4:加熱温度が高すぎると、炭化物生成の原因となる。

5:加熱温度が低すぎると、ベーパロックを起こす。

解答と解説

R1後期-問25

ボイラーにおける気体燃料の燃焼方式について、誤っているものは次のうちどれか。

1:拡散燃焼方式は、安定した火炎を作りやすいが、逆火の危険性が高い。

2:拡散燃焼方式は、火炎の広がり、長さなどの調節が容易である。

3:拡散燃焼方式は、ほとんどのボイラー用バーナに採用されている。

4:予混合燃焼方式は、ボイラー用パイロットバーナに採用されることがある。

5:予混合燃焼方式は、気体燃料に特有な燃焼方式である。

解答と解説

R1後期-問26

次の文中の[  ]内に入れるAからCまでの語句の組合せとして、正しいものは1~5のうちどれか。

「ガンタイプオイルバーナは、[ A ]と[ B ]式バーナとを組み合わせたもので、燃焼量の調節範囲が[ C ]、オンオフ動作によって自動制御を行っているものが多い。」

1:A=ファン B=圧力噴霧 C=広く

2:A=ファン B=圧力噴霧 C=狭く

3:A=ファン B=空気噴霧 C=広く

4:A=スタビライザ B=空気噴霧 C=広く

5:A=ノズルチップ B=空気噴霧 C=狭く

解答と解説

R1後期-問27

ボイラーの燃料の燃焼により発生する大気汚染物質について、誤っているものは次のうちどれか。

1:排ガス中のSOxは、大部分がSO3である。

2:排ガス中のNOxは、大部分がNOである。

3:燃焼により発生するNOxには、サーマルNOxとフューエルNOxがある。

4:フューエルNOxは、燃料中の窒素化合物の酸化によって生じる。

5:ダストは、灰分が主体で、これに若干の未燃分が含まれたものである。

解答と解説

R1後期-問28

石炭について、誤っているものは次のうちどれか。

1:石炭に含まれる固定炭素は、石炭化度の進んだものほど多い。

2:石炭に含まれる揮発分は、石炭化度の進んだものほど多い。

3:石炭に含まれる灰分が多くなると、石炭の発熱量が減少する。

4:石炭の燃料比は、石炭化度の進んだものほど大きい。

5:石炭の単位質量当たりの発熱量は、一般に石炭化度の進んだものほど大きい。

解答と解説

R1後期-問29

ボイラーの燃料の燃焼により発生するNOxの抑制方法として、誤っているものは次のうちどれか。

1:排ガス再循環法によって燃焼させる。

2:濃淡燃焼法によって燃焼させる。

3:高温燃焼域における燃焼ガスの滞留時間を短くする。

4:排煙脱硝装置を設置する。

5:硫黄分の少ない燃料を使用する。

解答と解説

R1後期-問30

次の文中の[  ]内に入れるAからCまでの語句の組合せとして、正しいものは1~5のうちどれか。

「[ A ]燃焼における[ B ]は、燃焼装置にて燃料の周辺に供給され、初期燃焼を安定させる。また、[ C ]は、旋回又は交差流によって燃料と空気の混合を良好に保ち、燃焼を完結させる。」

1:A=流動層 B=一次空気 C=二次空気

2:A=流動層 B=二次空気 C=一次空気

3:A=油・ガスだき B=一次空気 C=二次空気

4:A=油・ガスだき B=二次空気 C=一次空気

5:A=火格子 B=一次空気 C=二次空気

解答と解説

スポンサーリンク

Home > R1後期問題と解答・解説 > 燃料及び燃焼(21~30)

Page Top

© 2011-2020 過去問.com