Home > H31前期問題と解答・解説 > 関係法令(31~40)

スポンサーリンク

関係法令(31~40)

H31前期-問31

ボイラー(移動式ボイラー、屋外式ボイラー及び小型ボイラーを除く。)を設置するボイラー室について、法令に定められていないものは次のうちどれか。

1:伝熱面積が3m2の蒸気ボイラーは、ボイラー室に設置しなければならない。

2:ボイラーの最上部から天井、配管その他のボイラーの上部にある構造物までの距離は、原則として、1.2m以上としなければならない。

3:ボイラー、これに附設された金属製の煙突又は煙道が、厚さ100mm以上の金属以外の不燃性の材料で被覆されている場合を除き、これらの外側から0.15m以内にある可燃性の物は、金属以外の不燃性の材料で被覆しなければならない。

4:ボイラーを取り扱う労働者が緊急の場合に避難するために支障がないボイラー室を除き、ボイラー室には、2以上の出入口を設けなければならない。

5:ボイラー室に固体燃料を貯蔵するときは、原則として、これをボイラーの外側から1.2m以上離しておかなければならない。

解答と解説

H31前期-問32

ボイラー(小型ボイラーを除く。)の定期自主検査における項目と点検事項との組合せとして、法令に定められていないものは次のうちどれか。

1:圧力調節装置-----機能の異常の有無

2:ストレーナ-----つまり又は損傷の有無

3:油加熱器及び燃料送給装置-----保温の状態及び損傷の有無

4:バーナ-----汚れ又は損傷の有無

5:煙道-----漏れその他の損傷の有無及び通風圧の異常の有無

解答と解説

H31前期-問33

法令上、ボイラーの伝熱面積に算入しない部分は、次のうちどれか。

1:管寄せ

2:煙管

3:水管

4:炉筒

5:過熱器

解答と解説

H31前期-問34

鋳鉄製ボイラー(小型ボイラーを除く。)の附属品について、次の文中の[  ]内に入れるAからCまでの語句の組合せとして、法令上、正しいものは1~5のうちどれか。

「[ A ]ボイラーには、ボイラーの[ B ]付近における[ A ]の[ C ]を表示する[ C ]計を取り付けなければならない。」

1:A=蒸気 B=入口 C=温度

2:A=蒸気 B=出口 C=流量

3:A=温水 B=出口 C=流量

4:A=温水 B=入口 C=温度

5:A=温水 B=出口 C=温度

解答と解説

H31前期-問35

ボイラー(移動式ボイラー及び小型ボイラーを除く。)に関する次の文中の[  ]内に入れるAからCまでの語句の組合せとして、法令上、正しいものは1~5のうちどれか。

「ボイラーを設置した者は、所轄労働基準監督署長が検査の必要がないと認めたものを除き、①ボイラー、②ボイラー室、③ボイラー及びその[ A ]の配置状況、④ボイラーの据付基礎並びに燃焼室及び[ B ]の構造について、[ C ]検査を受けなければならない。」

1:A=自動制御装置 B=通風装置 C=落成

2:A=自動制御装置 B=煙道 C=使用

3:A=配管 B=煙道 C=性能

4:A=配管 B=煙道 C=落成

5:A=配管 B=通風装置 C=使用

解答と解説

H31前期-問36

ボイラー(小型ボイラーを除く。)の附属品の管理のため行わなければならない事項として、法令に定められていないものは次のうちどれか。

1:圧力計の目もりには、ボイラーの常用圧力を示す位置に、見やすい表示をすること。

2:蒸気ボイラーの常用水位は、ガラス水面計又はこれに接近した位置に、現在水位と比較することができるように表示すること。

3:圧力計は、使用中その機能を害するような振動を受けることがないようにし、かつ、その内部が凍結し、又は80℃以上の温度にならない措置を講ずること。

4:燃焼ガスに触れる給水管、吹出管及び水面測定装置の連絡管は、耐熱材料で防護すること。

5:逃がし管は、凍結しないように保温その他の措置を講ずること。

解答と解説

H31前期-問37

ボイラーの取扱いの作業について、法令上、ボイラー取扱作業主任者として二級ボイラー技士を選任できるボイラーは、次のうちどれか。
ただし、他にボイラーはないものとする。

1:伝熱面積が25m2の鋳鉄製蒸気ボイラー

2:伝熱面積が40m2の炉筒煙管ボイラー

3:伝熱面積が50m2の鋳鉄製温水ボイラー

4:伝熱面積が240m2の貫流ボイラー

5:最大電力設備容量が600kWの電気ボイラー

解答と解説

H31前期-問38

ボイラー(小型ボイラーを除く。)の次の部分又は設備を変更しようとするとき、法令上、ボイラー変更届を所轄労働基準監督署長に提出する必要のないものはどれか。
ただし、計画届の免除認定を受けていない場合とする。

1:ステー

2:燃焼装置

3:据付基礎

4:鏡板

5:水処理装置

解答と解説

H31前期-問39

鋼製ボイラー(小型ボイラーを除く。)の安全弁について、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

1:伝熱面積が100m2以下の蒸気ボイラーには、安全弁を1個備えなければならない。

2:貫流ボイラー以外の蒸気ボイラーの安全弁は、ボイラー本体の容易に検査できる位置に直接取り付け、かつ、弁軸を鉛直にしなければならない。

3:貫流ボイラーに備える安全弁については、当該ボイラーの最大蒸発量以上の吹出し量のものを過熱器の出口付近に取り付けることができる。

4:過熱器には、過熱器の出口付近に過熱器の温度を設計温度以下に保持することができる安全弁を備えなければならない。

5:水の温度が120℃を超える温水ボイラーには、安全弁を備えなければならない。

解答と解説

H31前期-問40

貫流ボイラー(小型ボイラーを除く。)の附属品について、AからDまでの記述のうち、法令に定められているものを全て挙げた組合せは、次のうちどれか。

A 過熱器には、ドレン抜きを備えなければならない。

B 給水装置の給水管には、給水弁及び逆止め弁を取り付けなければならない。

C 起動時にボイラー水が不足している場合及び運転時にボイラー水が不足した場合に、自動的に燃料の供給を遮断する装置又はこれに代わる安全装置を設けなければならない。

D 吹出し管は、設けなくてもよい。

1:A、B

2:A、B、C

3:A、C、D

4:B、C、D

5:C、D

解答と解説

スポンサーリンク

Home > H31前期問題と解答・解説 > 関係法令(31~40)

Page Top

© 2011-2020 過去問.com