Home > H30後期問題と解答・解説 > 燃料及び燃焼(21~30)

スポンサーリンク

燃料及び燃焼(21~30)

H30後期-問21

次の文中の[  ]内に入れるAからCまでの語句の組合せとして、正しいものは1~5のうちどれか。

「燃料の[ A ]分析では、固体燃料を気乾試料にして、水分、灰分及び[ B ]の質量を測定し、残りを[ C ]とみなす。」

1:A=元素 B=固定炭素 C=揮発分

2:A=元素 B=揮発分 C=炭素分

3:A=組成 B=揮発分 C=固定炭素

4:A=工業 B=揮発分 C=固定炭素

5:A=工業 B=固定炭素 C=揮発分

解答と解説

H30後期-問22

ボイラーの燃料油タンクについて、誤っているものは次のうちどれか。

1:燃料油タンクは、用途により貯蔵タンクとサービスタンクに分類される。

2:貯蔵タンクの貯油量は、一般に1週間から1か月間の使用量とする。

3:サービスタンクの貯油量は、一般に最大燃焼量の2時間分程度とする。

4:貯蔵タンクの油送入管は油タンクの上部に、油取出し管はタンクの底部から20~30cm上方に取り付ける。

5:サービスタンク本体には、油ストレーナなどを取り付ける。

解答と解説

H30後期-問23

重油に含まれる水分及びスラッジによる障害について、誤っているものは次のうちどれか。

1:水分が多いと、熱損失が増加する。

2:水分が多いと、息づき燃焼を起こす。

3:水分が多いと、油管内に低温腐食を起こす。

4:スラッジは、弁、ろ過器、バーナチップなどを閉塞させる。

5:スラッジは、ポンプ、流量計、バーナチップなどを摩耗させる。

解答と解説

H30後期-問24

ボイラーの燃料の燃焼により発生するNOxの抑制措置として、誤っているものは次のうちどれか。

1:燃焼域での酸素濃度を高くする。

2:燃焼温度を低くし、特に局所的高温域が生じないようにする。

3:高温燃焼域における燃焼ガスの滞留時間を短くする。

4:二段燃焼法によって燃焼させる。

5:排ガス再循環法によって燃焼させる。

解答と解説

H30後期-問25

燃料の分析及び性質について、誤っているものは次のうちどれか。

1:組成を示す場合、通常、液体燃料及び固体燃料には元素分析が、気体燃料には成分分析が用いられる。

2:燃料を空気中で加熱し、他から点火しないで自然に燃え始める最低の温度を、着火温度という。

3:発熱量とは、燃料を完全燃焼させたときに発生する熱量をいう。

4:高発熱量は、水蒸気の顕熱を含んだ発熱量で、真発熱量ともいう。

5:高発熱量と低発熱量の差は、燃料に含まれる水素及び水分の割合によって決まる。

解答と解説

H30後期-問26

ボイラーにおける燃料の燃焼について、誤っているものは次のうちどれか。

1:燃焼には、燃料、空気及び温度の三つの要素が必要である。

2:燃料を完全燃焼させるときに、理論上必要な最小の空気量を理論空気量という。

3:燃焼ガスの成分割合は、燃料の成分、空気比及び燃焼の方法によって変わる。

4:微粉炭を燃焼させる場合の空気比は、一般に気体燃料を燃焼させる場合より小さい。

5:排ガス熱による熱損失を小さくするためには、空気比を小さくし、かつ、完全燃焼させる。

解答と解説

H30後期-問27

次の文中の[  ]内に入れるAからCまでの語句の組合せとして、正しいものは1~5のうちどれか。

「ガンタイプオイルバーナは、[ A ]と[ B ]式バーナとを組み合わせたもので、燃焼量の調節範囲が[ C ]、オンオフ動作によって自動制御を行っているものが多い。」

1:A=ファン B=圧力噴霧 C=狭く

2:A=ファン B=圧力噴霧 C=広く

3:A=ノズルチップ B=蒸気噴霧 C=狭く

4:A=ノズルチップ B=蒸気噴霧 C=広く

5:A=アトマイザ B=圧力噴霧 C=広く

解答と解説

H30後期-問28

油だきボイラーの燃焼室が具備すべき要件として、誤っているものは次のうちどれか。

1:バーナの火炎が伝熱面や炉壁を直射しない構造であること。

2:燃料と燃焼用空気との混合が有効に、かつ、急速に行われる構造であること。

3:炉壁は、空気や燃焼ガスの漏入・漏出がなく、放射熱損失の少ない構造であること。

4:燃焼室は、燃焼ガスの炉内滞留時間が燃焼完結時間より短くなる大きさであること。

5:バーナタイルを設けるなど、着火を容易にする構造であること。

解答と解説

H30後期-問29

ボイラー用ガスバーナについて、誤っているものは次のうちどれか。

1:ボイラー用ガスバーナの燃焼方式には、拡散燃焼方式と予混合燃焼方式とがある。

2:予混合燃焼方式のガスバーナは、逆火の危険性が低いため、大容量のボイラーに用いられる。

3:センタータイプガスバーナは、空気流の中心にガスノズルを有し、先端からガスを放射状に噴射する。

4:リングタイプガスバーナは、リング状の管の内側に多数のガス噴射孔を有し、ガスを空気流の外側から内側に向けて噴射する。

5:マルチスパッドガスバーナは、空気流中に数本のガスノズルを有し、ガスノズルを分割することによりガスと空気の混合を促進する。

解答と解説

H30後期-問30

ボイラーの人工通風に用いられるファンについて、誤っているものは次のうちどれか。

1:多翼形ファンは、羽根車の外周近くに、浅く幅長で前向きの羽根を多数設けたものである。

2:多翼形ファンは、小形で軽量であるが効率が低いため、大きな動力を必要とする。

3:後向き形ファンは、羽根車の主板及び側板の間に8~24枚の後向きの羽根を設けたものである。

4:後向き形ファンは、形状は大きいが効率が低いため、高温・高圧のものに用いられるが、大容量のものには用いられない。

5:ラジアル形ファンは、強度が強く、摩耗や腐食にも強い。

解答と解説

スポンサーリンク

Home > H30後期問題と解答・解説 > 燃料及び燃焼(21~30)

Page Top

© 2011-2019 過去問.com