Home > H31前期問題と解答・解説 > 燃料及び燃焼(21~30)

スポンサーリンク

燃料及び燃焼(21~30)

H31前期-問21

次の文中の内に入れるAからCまでの語句の組合せとして、正しいものは1~5のうちどれか。

「燃料の工業分析では、[ A ]を気乾試料にして、水分、灰分及び[ B ]を測定し、残りを[ C ]として質量(%)で表す。」

1:A=固体燃料 B=揮発分 C=固定炭素

2:A=固体燃料 B=炭素分 C=残留炭素

3:A=液体燃料 B=揮発分 C=硫黄分

4:A=液体燃料 B=窒素分 C=揮発分

5:A=気体燃料 B=炭化水素 C=炭素分

解答と解説

H31前期-問22

燃料の分析及び性質について、誤っているものは次のうちどれか。

1:組成を示す場合、通常、液体燃料及び固体燃料には成分分析が、気体燃料には元素分析が用いられる。

2:発熱量とは、燃料を完全燃焼させたときに発生する熱量をいう。

3:高発熱量は、水蒸気の潜熱を含んだ発熱量で、総発熱量ともいう。

4:高発熱量と低発熱量の差は、燃料に含まれる水素及び水分の割合によって決まる。

5:気体燃料の発熱量の単位は、通常、MJ/m3で表す。

解答と解説

H31前期-問23

重油に含まれる水分及びスラッジによる障害について、適切でないものは次のうちどれか。

1:水分が多いと、熱損失が増加する。

2:水分が多いと、息づき燃焼を起こす。

3:水分が多いと、油管内でベーパロックを起こす。

4:スラッジは、弁、ろ過器、バーナチップなどを閉塞させる。

5:スラッジは、ポンプ、流量計、バーナチップなどを摩耗させる。

解答と解説

H31前期-問24

油だきボイラーにおける重油の加熱について、適切でないものは次のうちどれか。

1:粘度の高い重油は、噴霧に適した粘度にするため加熱する。

2:C重油の加熱温度は、一般に80~105℃である。

3:加熱温度が低すぎると、息づき燃焼となる。

4:加熱温度が低すぎると、霧化不良となり、燃焼が不安定となる。

5:加熱温度が高すぎると、コークス状の残渣が生成される原因となる。

解答と解説

H31前期-問25

ボイラーの油バーナについて、誤っているものは次のうちどれか。

1:圧力噴霧式バーナは、油に高圧力を加え、これをノズルチップから炉内に噴出させて微粒化するものである。

2:プランジャ式圧力噴霧バーナは、単純な圧力噴霧式バーナに比べ、ターンダウン比が狭い。

3:高圧蒸気噴霧式バーナは、比較的高圧の蒸気を霧化媒体として油を微粒化するもので、ターンダウン比が広い。

4:回転式バーナは、回転軸に取り付けられたカップの内面で油膜を形成し、遠心力により油を微粒化するものである。

5:ガンタイプバーナは、ファンと圧力噴霧式バーナを組み合わせたもので、燃焼量の調節範囲が狭い。

解答と解説

H31前期-問26

ボイラー用燃料における、固体燃料と比べた場合の気体燃料の特徴として、誤っているものは次のうちどれか。

1:メタンなどの炭化水素が主成分である。

2:発生する熱量が同じ場合、CO2の発生量が少ない。

3:燃料中の硫黄分が少ないので、SOxの発生を抑制できる。

4:炭素に対する水素の比率が低いため、ばいじんの発生が少ない。

5:漏えいすると、可燃性混合気を作りやすく、爆発の危険性が高い。

解答と解説

H31前期-問27

重油燃焼によるボイラー及び附属設備の低温腐食の抑制方法として、誤っているものは次のうちどれか。

1:硫黄分の少ない重油を選択する。

2:燃焼ガス中の酸素濃度を下げ、燃焼ガスの露点を下げる。

3:給水温度を上昇させて、エコノマイザの伝熱面の温度を高く保つ。

4:ガス式空気予熱器を用いて、蒸気式空気予熱器の伝熱面の温度が高くなり過ぎないようにする。

5:燃焼室及び煙道への空気漏入を防止し、煙道ガスの温度の低下を防ぐ。

解答と解説

H31前期-問28

ボイラー用ガスバーナについて、AからDまでの記述のうち、正しいもののみを全て挙げた組合せは、次のうちどれか。

A ボイラー用ガスバーナは、ほとんどが拡散燃焼方式を採用している。

B センタータイプガスバーナは、空気流の中心にガスノズルを有し、先端からガスを放射状に噴射する。

C 拡散燃焼方式ガスバーナは、空気の流速・旋回強さ、ガスの分散・噴射方法、保炎器の形状などにより、火炎の形状やガスと空気の混合速度を調節できる。

D マルチスパッドガスバーナは、リング状の管の内側に多数のガス噴射孔を有し、空気流の外側からガスを内側に向かって噴射する。

1:A、B、C

2:A、C、D

3:A、D

4:B、C

5:B、C、D

解答と解説

H31前期-問29

ボイラーの通風に関して、誤っているものは次のうちどれか。

1:炉及び煙道を通して起こる空気及び燃焼ガスの流れを、通風という。

2:煙突によって生じる自然通風力は、煙突内のガスの密度と外気の密度との差に煙突高さを乗じることにより求められる。

3:押込通風は、炉内が大気圧以上の圧力となるので、気密が不十分であっても、燃焼ガスが外部へ漏れ出すことはない。

4:誘引通風は、比較的高温で体積の大きな燃焼ガスを取り扱うので、大型のファンを必要とする。

5:平衡通風は、通風抵抗の大きなボイラーでも強い通風力が得られ、必要な動力は押込通風より大きく、誘引通風より小さい。

解答と解説

H31前期-問30

ボイラーの熱損失に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:ボイラーの熱損失には、排ガス熱によるものがある。

2:ボイラーの熱損失には、不完全燃焼ガスによるものがある。

3:ボイラーの熱損失には、ボイラー周壁からの放散熱によるものがある。

4:ボイラーの熱損失のうち最大のものは、一般に不完全燃焼ガスによるものである。

5:空気比を少なくし、かつ、完全燃焼させることにより、排ガス熱による熱損失を小さくできる。

解答と解説

スポンサーリンク

Home > H31前期問題と解答・解説 > 燃料及び燃焼(21~30)

Page Top

© 2011-2020 過去問.com