Home > H31前期問題と解答・解説 > ボイラーの構造(1~10)

スポンサーリンク

ボイラーの構造(1~10)

H31前期-問1

ボイラーの水循環について、誤っているものは次のうちどれか。

1:ボイラー内で、温度が上昇した水及び気泡を含んだ水は上昇し、その後に温度の低い水が下降して、水の循環流ができる。

2:丸ボイラーは、伝熱面の多くがボイラー水中に設けられ、水の対流が容易なので、水循環の系路を構成する必要がない。

3:水管ボイラーは、水循環を良くするため、水と気泡の混合体が上昇する管と、水が下降する管を区別して設けているものが多い。

4:自然循環式水管ボイラーは、高圧になるほど蒸気と水との密度差が大きくなり、循環力が弱くなる。

5:水循環が不良であると、伝熱面の焼損、膨出などの原因となる。

解答と解説

H31前期-問2

ボイラーの燃焼室、伝熱面及び燃焼装置について、誤っているものは次のうちどれか。

1:燃焼室は、燃料を燃焼させ熱が発生する部分で、火炉ともいわれる。

2:燃焼装置は、燃料の種類によって異なり、液体燃料、気体燃料及び微粉炭にはバーナが、木材、石油コークスなどの固体燃料には一般に、火格子、流動層などが用いられる。

3:燃焼室は、供給された燃料を速やかに着火・燃焼させ、発生する可燃性ガスと空気との混合接触を良好にして、完全燃焼を行わせる部分である。

4:加圧燃焼方式の燃焼室は燃焼室内を大気圧以上に保たせている。

5:高温ガス通路に配置され、主として高温ガスとの接触によって受けた熱を水や蒸気に伝える伝熱面は、放射伝熱面といわれる。

解答と解説

H31前期-問3

丸ボイラーと比較した水管ボイラーの特徴として、誤っているものは次のうちどれか。

1:ボイラー水の循環系路を確保するため、一般に、蒸気ドラム、水ドラム及び多数の水管で構成されている。

2:水管内で発生させた蒸気は、水管内部では停滞することはない。

3:燃焼室を自由な大きさに作ることができ、また、種々の燃料及び燃焼方式に適応できる。

4:使用蒸気量の変動による圧力変動及び水位変動が大きい。

5:給水及びボイラー水の処理に注意を要し、特に高圧ボイラーでは厳密な水管理を行う必要がある。

解答と解説

H31前期-問4

次の文中の内に入れるA及びBの語句の組合せとして、正しいものは1~5のうちどれか。

「暖房用鋳鉄製蒸気ボイラーでは、[ A ]を循環して使用するが、給水管はボイラーに直接接続しないで[ B ]に取り付けるハートフォード式連結法が用いられる。」

1:A=給水 B=逃がし管

2:A=蒸気 B=膨張管

3:A=復水 B=返り管

4:A=復水 B=逃がし管

5:A=給水 B=膨張管

解答と解説

H31前期-問5

ボイラー各部の構造及び強さについて、誤っているものは次のうちどれか。

1:胴板には、内部の圧力によって引張応力が生じる。

2:胴板に生じる応力について、胴の周継手の強さは、長手継手の強さの2倍以上必要である。

3:だ円形のマンホールを胴に設ける場合には、短径部を胴の軸方向に配置する。

4:皿形鏡板は、球面殻、環状殻及び円筒殻から成っている。

5:炉筒は、鏡板で拘束されているため、燃焼ガスによって加熱されると炉筒板内部に圧縮応力が生じる。

解答と解説

H31前期-問6

ボイラーの水面測定装置について、誤っているものは次のうちどれか。

1:貫流ボイラーを除く蒸気ボイラーには、原則として、2個以上のガラス水面計を見やすい位置に取り付ける。

2:ガラス水面計は、可視範囲の最下部がボイラーの安全低水面と同じ高さになるように取り付ける。

3:丸形ガラス水面計は、主として最高使用圧力1MPa以下の丸ボイラーなどに用いられる。

4:平形反射式水面計は、裏側から電灯の光を通すことにより、水面を見分けるものである。

5:二色水面計は、光線の屈折率の差を利用したもので、蒸気部は赤色に、水部は緑色に見える。

解答と解説

H31前期-問7

ボイラーに空気予熱器を設置した場合の利点として、正しいもののみを全て挙げた組合せは、次のうちどれか。

A 燃焼用空気の温度が上昇し、水分の多い低品位燃料の燃焼に有効である。

B 通風抵抗が増加する。

C 過剰空気量を小さくできる。

D ボイラー効率が上昇する。

1:A、B

2:A、C

3:A、C、D

4:B、C、D

5:C、D

解答と解説

H31前期-問8

ボイラーの給水系統装置について、誤っているものは次のうちどれか。

1:ディフューザポンプは、羽根車の周辺に案内羽根のある遠心ポンプで、高圧のボイラーには多段ディフューザポンプが用いられる。

2:渦巻ポンプは、羽根車の周辺に案内羽根のない遠心ポンプで、一般に低圧のボイラーに用いられる。

3:給水加熱器には、一般に、加熱管を隔てて給水を加熱する熱交換式が用いられる。

4:給水弁と給水逆止め弁をボイラーに取り付ける場合は、ボイラーに近い側に給水弁を取り付ける。

5:給水内管は、一般に長い鋼管に多数の穴を設けたもので、胴又は蒸気ドラム内の安全低水面より上方に取り付ける。

解答と解説

H31前期-問9

ボイラーの圧力制御機器について、誤っているものは次のうちどれか。

1:比例式蒸気圧力調節器は、一般に、コントロールモータとの組合せにより、比例動作によって蒸気圧力の調節を行う。

2:比例式蒸気圧力調節器では、比例帯の設定を行う。

3:オンオフ式蒸気圧力調節器(電気式)は、水を入れたサイホン管を用いてボイラーに取り付ける。

4:蒸気圧力制限器は、ボイラーの蒸気圧力が異常に上昇した場合などに、直ちに燃料の供給を遮断するものである。

5:蒸気圧力制限器には、一般に比例式圧力調節器が用いられている。

解答と解説

H31前期-問10

ボイラーの自動制御について、誤っているものは次のうちどれか。

1:シーケンス制御は、あらかじめ定められた順序に従って、制御の各段階を、順次、進めていく制御である。

2:オンオフ動作による蒸気圧力制御は、蒸気圧力の変動によって、燃焼又は燃焼停止のいずれかの状態をとる。

3:ハイ・ロー・オフ動作による蒸気圧力制御は、蒸気圧力の変動によって、高燃焼、低燃焼又は燃焼停止のいずれかの状態をとる。

4:比例動作による制御は、偏差が変化する速度に比例して操作量を増減するように動作する制御である。

5:積分動作による制御は、偏差の時間積分値に比例して操作量を増減するように動作する制御である。

解答と解説

スポンサーリンク

Home > H31前期問題と解答・解説 > ボイラーの構造(1~10)

Page Top

© 2011-2020 過去問.com