Home > R2前期問題と解答・解説 > 燃料及び燃焼(21~30)

スポンサーリンク

燃料及び燃焼(21~30)

R2前期-問21

霧化媒体を必要とするボイラーの油バーナは、次のうちどれか。

1:プランジャ式圧力噴霧バーナ

2:戻り油式圧力噴霧バーナ

3:回転式バーナ

4:ガンタイプバーナ

5:蒸気噴霧式バーナ

解答と解説

R2前期-問22

重油の性質について、誤っているものは次のうちどれか。

1:重油の密度は、温度が上昇すると減少する。

2:密度の小さい重油は、密度の大きい重油より一般に引火点が高い。

3:重油の比熱は、温度及び密度によって変わる。

4:重油の粘度は、温度が上昇すると低くなる。

5:密度の大きい重油は、密度の小さい重油より単位質量当たりの発熱量が小さい。

解答と解説

R2前期-問23

重油燃焼によるボイラー及び附属設備の低温腐食の抑制方法として、誤っているものは次のうちどれか。

1:硫黄分の少ない重油を選択する。

2:燃焼室及び煙道への空気漏入を防止し、煙道ガスの温度の低下を防ぐ。

3:蒸気式空気予熱器を用いて、ガス式空気予熱器の伝熱面の温度が低くなり過ぎないようにする。

4:燃焼ガス中の酸素濃度を上げる。

5:重油に添加剤を加え、燃焼ガスの露点を下げる。

解答と解説

R2前期-問24

石炭について、誤っているものは次のうちどれか。

1:石炭に含まれる固定炭素は、石炭化度の進んだものほど多い。

2:石炭に含まれる揮発分は、石炭化度の進んだものほど多い。

3:石炭に含まれる灰分が多くなると、燃焼に悪影響を及ぼす。

4:石炭の燃料比は、石炭化度の進んだものほど大きい。

5:石炭の単位質量当たりの発熱量は、一般に石炭化度の進んだものほど大きい。

解答と解説

R2前期-問25

ボイラーの熱損失に関するAからDまでの記述で、正しいもののみを全て挙げた組合せは、次のうちどれか。

A ボイラーの熱損失には、不完全燃焼ガスによるものがある。

B ボイラーの熱損失には、ドレンや吹出しによるものは含まれない。

C ボイラーの熱損失のうち最大のものは、一般に排ガス熱によるものである。

D 空気比を小さくすると、排ガス熱による熱損失は大きくなる。

1:A、B、C

2:A、C

3:A、C、D

4:B、D

5:C、D

解答と解説

R2前期-問26

ボイラー用気体燃料について、誤っているものは次のうちどれか。

1:LNGは、天然ガスを産地で精製後、-162℃に冷却し液化したものである。

2:気体燃料は、固体燃料に比べて燃料中の硫黄分や灰分が少なく、公害防止上有利で、また、伝熱面、火炉壁などを汚染することがほとんどない。

3:都市ガスは、液体燃料に比べてNOxやCO2の排出量が少なく、また、SOxは排出しない。

4:LPGは、漏えいすると窪みなどの底部に滞留しやすい。

5:気体燃料は、液体燃料に比べ、一般に配管口径が小さくなるので、配管費、制御機器費などが安くなる。

解答と解説

R2前期-問27

ボイラーにおける燃料の燃焼について、誤っているものは次のうちどれか。

1:燃焼には、燃料、空気及び温度の三つの要素が必要である。

2:燃料を完全燃焼させるときに、理論上必要な最小の空気量を理論空気量という。

3:実際空気量は、一般の燃焼では、理論空気量より多い。

4:着火性が良く燃焼速度が速い燃料は、完全燃焼させるときに、狭い燃焼室で良い。

5:排ガス熱による熱損失を少なくするためには、空気比を大きくして完全燃焼させる。

解答と解説

R2前期-問28

ボイラー用ガスバーナについて、誤っているものは次のうちどれか。

1:ボイラー用ガスバーナの燃焼方式には、拡散燃焼方式と予混合燃焼方式とがある。

2:予混合燃焼方式のガスバーナは、安定した火炎を作りやすく、逆火の危険性が低いため、大容量のボイラーに用いられる。

3:センタータイプガスバーナは、空気流の中心にガスノズルを有し、先端からガスを放射状に噴射する。

4:リングタイプガスバーナは、リング状の管の内側に多数のガス噴射孔を有し、ガスを空気流の外側から内側に向けて噴射する。

5:マルチスパッドガスバーナは、空気流中に数本のガスノズルを有し、ガスノズルを分割することによりガスと空気の混合を促進する。

解答と解説

R2前期-問29

ボイラーの人工通風に用いられるファンについて、誤っているものは次のうちどれか。

1:多翼形ファンは、羽根車の外周近くに、短く幅長で前向きの羽根を多数設けたものである。

2:多翼形ファンは、小形・軽量で、かつ、効率が高い。

3:後向き形ファンは、高温・高圧及び大容量のボイラーに適する。

4:ラジアル形ファンは、中央の回転軸から放射状に6~12枚の羽根を設けたものである。

5:ラジアル形ファンは、形状が簡単で羽根の取替えが容易である。

解答と解説

R2前期-問30

ボイラーの燃料の燃焼により発生するNOxの抑制方法として、誤っているものは次のうちどれか。

1:燃焼域での酸素濃度を低くする。

2:空気予熱器を設けて燃焼温度を高くする。

3:高温燃焼域における燃焼ガスの滞留時間を短くする。

4:二段燃焼法によって燃焼させる。

5:濃淡燃焼法によって燃焼させる。

解答と解説

スポンサーリンク

Home > R2前期問題と解答・解説 > 燃料及び燃焼(21~30)

Page Top

© 2011-2021 過去問.com