Home > H30前期問題と解答・解説 > ボイラーの構造(1~10)

スポンサーリンク

ボイラーの構造(1~10)

H30前期-問1

次の文中の[  ]内に入れるAの数値及びBの語句の組合せとして、正しいものは1~5のうちどれか。

「標準大気圧の下で、質量1㎏の水の温度を1K(1℃)だけ高めるために必要な熱量は約[ A ]kJであるから、水の[ B ]は約[ A ]kJ/(㎏・K)である。」

1:A=2,300 B=比熱

2:A=420 B=顕熱

3:A=420 B=比熱

4:A=4.2 B=比熱

5:A=4.2 B=顕熱

解答と解説

H30前期-問2

ボイラーの容量及び効率について、誤っているものは次のうちどれか。

1:蒸気ボイラーの容量(能力)は、最大連続負荷の状態で、1時間に発生する蒸発量で示される。

2:蒸気の発生に要する熱量は、蒸気圧力、蒸気温度及び給水温度によって異なる。

3:換算蒸発量は、実際に給水から所要蒸気を発生させるために要した熱量を、0℃の水を蒸発させて100℃の飽和蒸気とする場合の熱量で除したものである。

4:ボイラー効率とは、全供給熱量に対する発生蒸気の吸収熱量の割合をいう。

5:ボイラー効率を算定するとき、燃料の発熱量は、一般に低発熱量を用いる。

解答と解説

H30前期-問3

ボイラーの鏡板について、誤っているものは次のうちどれか。

1:鏡板は、胴又はドラムの両端を覆っている部分をいい、煙管ボイラーのように管を取り付ける鏡板は、特に管板という。

2:鏡板は、その形状によって、平鏡板、皿形鏡板、半だ円体形鏡板及び全半球形鏡板に分けられる。

3:平鏡板は、大径のものや圧力の高いものの場合には、内部の圧力によって生じる曲げ応力に対し、ステーによって補強することが必要となる。

4:皿形鏡板は、球面殻、環状殻及び円筒殻から成っている。

5:皿形鏡板は、同材質、同径及び同厚の場合、全半球形鏡板に比べて強度が強い。

解答と解説

H30前期-問4

ボイラーに空気予熱器を設置した場合の利点として、誤っているものは次のうちどれか。

1:ボイラー効率が上昇する。

2:燃焼状態が良好になる。

3:炉内伝熱管の熱吸収量が多くなる。

4:水分の多い低品位燃料の燃焼効率が上昇する。

5:ボイラーへの給水温度が上昇する。

解答と解説

H30前期-問5

ボイラーに使用される計測器について、誤っているものは次のうちどれか。

1:ブルドン管圧力計は、断面が真円形の管をU字状に曲げたブルドン管に圧力が加わると、圧力の大きさに応じて円弧が広がることを利用している。

2:差圧式流量計は、流体が流れている管の中に絞りを挿入すると、入口と出口との間に流量の二乗に比例する圧力差が生じることを利用している。

3:容積式流量計は、だ円形のケーシングの中で、だ円形歯車を2個組み合わせ、これを流体の流れによって回転させると、流量が歯車の回転数に比例することを利用している。

4:平形反射式水面計は、ガラスの前面から見ると水部は光線が通って黒色に見え、蒸気部は光線が反射されて白色に光って見える。

5:U字管式通風計は、計測する場所の空気又はガスの圧力と大気圧との差圧を水柱で示す。

解答と解説

H30前期-問6

ボイラーの給水系統装置について、誤っているものは次のうちどれか。

1:ボイラーに給水する遠心ポンプは、多数の羽根を有する羽根車をケーシング内で回転させ、遠心作用により水に水圧及び速度エネルギーを与える。

2:遠心ポンプは、案内羽根を有するディフューザポンプと有しない渦巻ポンプに分類される。

3:渦流ポンプは、円周流ポンプとも呼ばれているもので、小容量の蒸気ボイラーなどに用いられる。

4:ボイラー又はエコノマイザの入口近くには、給水弁と給水逆止め弁を設ける。

5:給水内管は、一般に長い鋼管に多数の穴を設けたもので、胴又は蒸気ドラム内の安全低水面よりやや上方に取り付ける。

解答と解説

H30前期-問7

貫流ボイラーについて、誤っているものは次のうちどれか。

1:管系だけで構成され、蒸気ドラム及び水ドラムを要しない。

2:給水ポンプによって管系の一端から押し込まれた水が、エコノマイザ、蒸発部、過熱部を順次貫流して、他端から所要の過熱蒸気となって取り出される。

3:給水は、細い管内でほとんど蒸発するので、水処理を行う必要がない。

4:管を自由に配置できるので、全体をコンパクトな構造にすることができる。

5:負荷変動によって大きい圧力変動を生じやすいので、給水量及び燃料量に対して応答の速い自動制御装置を必要とする。

解答と解説

H30前期-問8

炉筒煙管ボイラーについて、誤っているものは次のうちどれか。

1:水管ボイラーに比べ、一般に製作及び取扱いが容易である。

2:水管ボイラーに比べ、蒸気使用量の変動による圧力変動が大きい。

3:加圧燃焼方式を採用し、燃焼室熱負荷を高くして燃焼効率を高めたものがある。

4:戻り燃焼方式を採用し、燃焼効率を高めたものがある。

5:煙管には、伝熱効果の大きいスパイラル管を使用しているものが多い。

解答と解説

H30前期-問9

ボイラーの水位検出器について、誤っているものは次のうちどれか。

1:水位検出器は、原則として、2個以上取り付け、それぞれの水位検出方式は異なるものが望ましい。

2:水位検出器の水側連絡管は、他の水位検出器の水側連絡管と共用することができる。

3:水位検出器の水側連絡管に設けるバルブ又はコックは、直流形の構造のものとする。

4:水位検出器の水側連絡管は、呼び径20A以上の管を使用する。

5:水位検出器の水側連絡管、蒸気側連絡管及び排水管に設けるバルブ又はコックは、開閉状態が外部から明確に識別できるものとする。

解答と解説

H30前期-問10

油だきボイラーの自動制御用機器とその構成部分との組合せとして、誤っているものは次のうちどれか。

1:機器=主安全制御器-----構成部分=ナイフスイッチ

2:機器=燃料油用遮断弁-----構成部分=電磁コイル

3:機器=温水温度調節器-----構成部分=感温体

4:機器=蒸気圧力調節器-----構成部分=ベローズ

5:機器=燃料調節弁-----構成部分=コントロールモータ

解答と解説

スポンサーリンク

Home > H30前期問題と解答・解説 > ボイラーの構造(1~10)

Page Top

© 2011-2019 過去問.com