Home > R2前期問題と解答・解説 > 関係法令(31~40)

スポンサーリンク

関係法令(31~40)

R2前期-問31

ボイラー室に設置されている胴の内径が900mmで、その長さが1500mmの立てボイラー(小型ボイラーを除く。)の場合、その外壁から壁、配管その他のボイラーの側部にある構造物(検査及びそうじに支障のない物を除く。)までの距離として、法令上、許容される最小の数値は次のうちどれか。

1:0.15m

2:0.30m

3:0.45m

4:1.20m

5:2.00m

解答と解説

R2前期-問32

ボイラー(小型ボイラーを除く。)の定期自主検査について、法令に定められていないものは次のうちどれか。

1:定期自主検査は、1か月をこえる期間使用しない場合を除き、1か月以内ごとに1回、定期に、行わなければならない。

2:定期自主検査は、大きく分けて、「ボイラー本体」、「燃焼装置」、「自動制御装置」及び「附属装置及び附属品」の4項目について行わなければならない。

3:「自動制御装置」の電気配線については、端子の異常の有無について点検しなければならない。

4:「附属装置及び附属品」の水処理装置については、機能の異常の有無について点検しなければならない。

5:定期自主検査を行ったときは、その結果を記録し、これを5年間保存しなければならない。

解答と解説

R2前期-問33

ボイラー(小型ボイラーを除く。)に関する次の文中の[  ]内に入れるA及びBの語句の組合せとして、法令上、正しいものは1~5のうちどれか。

「所轄労働基準監督署長は、[ A ]に合格したボイラー又は当該検査の必要がないと認めたボイラーについて、ボイラー検査証を交付する。
ボイラー検査証の有効期間の更新を受けようとする者は、[ B ]を受けなければならない。」

1:A=落成検査 B=使用検査

2:A=落成検査 B=性能検査

3:A=構造検査 B=使用検査

4:A=構造検査 B=性能検査

5:A=使用検査 B=性能検査

解答と解説

R2前期-問34

法令上、ボイラー(小型ボイラーを除く。)の変更検査を受けなければならない場合は、次のうちどれか。
ただし、所轄労働基準監督署長が当該検査の必要がないと認めたボイラーではないものとする。

1:ボイラーの給水装置に変更を加えたとき。

2:ボイラーの安全弁に変更を加えたとき。

3:ボイラーの燃焼装置に変更を加えたとき。

4:使用を廃止したボイラーを再び設置しようとするとき。

5:構造検査を受けた後、1年以上設置されなかったボイラーを設置しようとするとき。

解答と解説

R2前期-問35

次の文中の[  ]内に入れるAからCまでの語句又は数値の組合せとして、法令上、正しいものは1~5のうちどれか。

「鋼製蒸気ボイラー(小型ボイラーを除く。)の圧力計の目盛盤の最大指度は、[ A ]の[ B ]倍以上[ C ]倍以下の圧力を示す指度としなければならない。」

1:A=最高使用圧力 B=1.2 C=2

2:A=常用圧力 B=1.2 C=2

3:A=最高使用圧力 B=1.2 C=3

4:A=常用圧力 B=1.5 C=3

5:A=最高使用圧力 B=1.5 C=3

解答と解説

R2前期-問36

ボイラー(移動式ボイラー及び小型ボイラーを除く。)について、次の文中の[  ]内に入れるA及びBの語句の組合せとして、法令に定められているものは1~5のうちどれか。

「[ A ]並びにボイラー取扱作業主任者の[ B ]及び氏名をボイラー室その他のボイラー設置場所の見やすい箇所に掲示しなければならない。」

1:A=ボイラー明細書 B=資格

2:A=ボイラー明細書 B=所属

3:A=ボイラー検査証 B=所属

4:A=ボイラー検査証 B=資格

5:A=最高使用圧力及び伝熱面積 B=所属

解答と解説

R2前期-問37

使用を廃止したボイラー(移動式ボイラー及び小型ボイラーを除く。)を再び設置する場合の手続きの順序として、法令上、正しいものは次のうちどれか。
ただし、計画届の免除認定を受けていない場合とする。

1:使用検査→構造検査→設置届

2:使用検査→設置届→落成検査

3:設置届→落成検査→使用検査

4:溶接検査→使用検査→落成検査

5:溶接検査→落成検査→設置届

解答と解説

R2前期-問38

ボイラーの伝熱面積の算定方法として、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

1:水管ボイラーの耐火れんがでおおわれた水管の面積は、伝熱面積に算入しない。

2:貫流ボイラーの過熱管の伝熱面は、伝熱面積に算入しない。

3:立てボイラー(横管式)の横管の伝熱面積は、横管の外径側で算定する。

4:炉筒煙管ボイラーの煙管の伝熱面積は、煙管の内径側で算定する。

5:電気ボイラーの伝熱面積は、電力設備容量20kWを1m2とみなして、その最大電力設備容量を換算した面積で算定する。

解答と解説

R2前期-問39

貫流ボイラー(小型ボイラーを除く。)の附属品について、法令に定められていない内容のものは次のうちどれか。

1:過熱器には、ドレン抜きを備えなければならない。

2:ボイラーの最大蒸発量以上の吹出し量の安全弁を、ボイラー本体ではなく過熱器の出口付近に取り付けることができる。

3:給水装置の給水管には、逆止め弁を取り付けなければならないが、給水弁は取り付けなくてもよい。

4:起動時にボイラー水が不足している場合及び運転時にボイラー水が不足した場合に、自動的に燃料の供給を遮断する装置又はこれに代わる安全装置を設けなければならない。

5:吹出し管は、設けなくてもよい。

解答と解説

R2前期-問40

給水が水道その他圧力を有する水源から供給される場合に、法令上、当該水源に係る管を返り管に取り付けなければならないボイラー(小型ボイラーを除く。)は、次のうちどれか。

1:多管式立て煙管ボイラー

2:鋳鉄製ボイラー

3:炉筒煙管ボイラー

4:水管ボイラー

5:貫流ボイラー

解答と解説

スポンサーリンク

Home > R2前期問題と解答・解説 > 関係法令(31~40)

Page Top

© 2011-2021 過去問.com