Home > H30後期問題と解答・解説 > ボイラーの取扱い(11~20)

スポンサーリンク

ボイラーの取扱い(11~20)

H30後期-問11

油だきボイラーの手動操作による点火について、誤っているものは次のうちどれか。

1:ファンを運転し、ダンパをプレパージの位置に設定して換気した後、ダンパを点火位置に合わせ、炉内通風圧を調節する。

2:点火前に、回転式バーナではバーナモータを起動し、蒸気噴霧式バーナでは噴霧用蒸気を噴射させる。

3:バーナが2基以上ある場合の点火は、初めに1基のバーナに点火し、燃焼が安定してから他のバーナにも点火する。

4:燃料の種類及び燃焼室熱負荷の大小に応じて、燃料弁を開いてから2~5秒間の点火制限時間内に着火させる。

5:着火後、燃焼状態が不安定なときは、直ちにダンパを全開し、炉内を換気してから燃料弁を閉じる。

解答と解説

H30後期-問12

ボイラーのガラス水面計の機能試験を行う時期として、必要性の低い時期は次のうちどれか。

1:ガラス管の取替えなどの補修を行ったとき。

2:2個の水面計の水位に差異を認めたとき。

3:水位が絶えず上下にかすかに動いているとき。

4:プライミングやホーミングが生じたとき。

5:取扱い担当者が交替し、次の者が引き継いだとき。

解答と解説

H30後期-問13

単純軟化法によるボイラー補給水の軟化装置について、正しいものは次のうちどれか。

1:中和剤により、水中の高いアルカリ分を除去する装置である。

2:半透膜により、純水を作るための装置である。

3:真空脱気により、水中の二酸化炭素を取り除く装置である。

4:高分子気体透過膜により、水中の酸素を取り除く装置である。

5:強酸性陽イオン交換樹脂により、水中の硬度成分を樹脂のナトリウムと置換させる装置である。

解答と解説

H30後期-問14

ボイラーの運転を終了するときの一般的な操作順序として、適切なものは1~5のうちどれか。
ただし、A~Eは、それぞれ次の操作をいうものとする。

A 給水を行い、圧力を下げた後、給水弁を閉じ、給水ポンプを止める。

B 蒸気弁を閉じ、ドレン弁を開く。

C 空気を送入し、炉内及び煙道の換気を行う。

D 燃料の供給を停止する。

E ダンパを閉じる。

1:A→B→C→D→E

2:B→C→A→E→D

3:C→D→E→A→B

4:D→A→B→C→E

5:D→C→A→B→E

解答と解説

H30後期-問15

ボイラーの水管理について、誤っているものは次のうちどれか。

1:水溶液が酸性かアルカリ性かは、水中の水素イオンと水酸化物イオンの量により定まる。

2:常温(25℃)でpHが7未満はアルカリ性、7は中性である。

3:酸消費量は、水中に含まれる水酸化物、炭酸塩、炭酸水素塩などのアルカリ分の量を示すものである。

4:酸消費量には、酸消費量(pH4.8)と酸消費量(pH8.3)がある。

5:全硬度は、水中のカルシウムイオン及びマグネシウムイオンの量を、これに対応する炭酸カルシウムの量に換算し、試料1リットル中のmg数で表す。

解答と解説

H30後期-問16

ボイラーのばね安全弁及び逃がし弁の調整及び試験について、誤っているものは次のうちどれか。

1:安全弁の調整ボルトを定められた位置に設定した後、ボイラーの圧力をゆっくり上昇させて安全弁を作動させ、吹出し圧力及び吹止まり圧力を確認する。

2:ボイラー本体に安全弁が2個ある場合は、1個を最高使用圧力以下で先に作動するように調整したときは、他の1個を最高使用圧力の3%増以下で作動するように調整することができる。

3:エコノマイザの逃がし弁(安全弁)は、ボイラー本体の安全弁より低い圧力に調整する。

4:最高使用圧力の異なるボイラーが連絡している場合、各ボイラーの安全弁は、最高使用圧力の最も低いボイラーを基準に調整する。

5:安全弁の手動試験は、最高使用圧力の75%以上の圧力で行う。

解答と解説

H30後期-問17

ボイラーの酸洗浄について、AからDまでの記述のうち、正しいもののみを全て挙げた組合せは、次のうちどれか。

A 酸洗浄の使用薬品には、りん酸が多く用いられる。

B 酸洗浄は、酸によるボイラーの腐食を防止するため抑制剤(インヒビタ)を添加して行う。

C 薬液で洗浄した後は、中和防錆処理を行い、水洗する。

D シリカ分の多い硬質スケールを酸洗浄するときは、所要の薬液で前処理を行い、スケールを膨潤させる。

1:A、B、C

2:A、B、D

3:A、C

4:B、D

5:B、C、D

解答と解説

H30後期-問18

ボイラーのたき始めに燃焼量を急激に増加させてはならない理由として、適切なものは次のうちどれか

1:高温腐食を起こさないため。

2:局部腐食によるピッチングを発生させないため。

3:急熱によるクラックや漏れを発生させないため。

4:ホーミングを起こさないため。

5:スートファイヤを起こさないため。

解答と解説

H30後期-問19

油だきボイラーが運転中に突然消火する原因となる場合として、誤っているものは次のうちどれか。

1:噴霧空気の圧力が強すぎる。

2:油ろ過器が詰まっている。

3:燃料油弁を絞りすぎる。

4:炉内温度が高すぎる。

5:燃料油の温度が低すぎる。

解答と解説

H30後期-問20

ボイラーの休止中の保存法について、誤っているものは次のうちどれか。

1:ボイラーの燃焼側及び煙道は、すすや灰を完全に除去して、防錆油、防錆剤などを塗布する。

2:乾燥保存法は、休止期間が3か月程度以内の比較的短期間の場合に採用される。

3:乾燥保存法では、ボイラー水を全部排出して内外面を清掃した後、ボイラー内に蒸気や水が漏れ込まないように、蒸気管、給水管などは確実に外部との連絡を遮断する。

4:満水保存法は、凍結のおそれがある場合には採用できない。

5:満水保存法では、月に1~2回、保存水の薬剤の濃度などを測定し、所定の値を保つように管理する。

解答と解説

スポンサーリンク

Home > H30後期問題と解答・解説 > ボイラーの取扱い(11~20)

Page Top

© 2011-2019 過去問.com