Home > R2前期問題と解答・解説 > ボイラーの構造(1~10)

スポンサーリンク

ボイラーの構造(1~10)

R2前期-問1

次の文中の[  ]内に入れるA及びBの語句の組合せとして、正しいものは1~5のうちどれか。

「温度が一定でない物体の内部で温度の高い部分から低い部分へ、順次、熱が伝わる現象を[ A ]といい、高温流体から固体壁を通して、低温流体へ熱が移動する現象を[ B ]という。」

1:A=熱貫流 B=熱伝達

2:A=熱貫流 B=熱伝導

3:A=熱伝達 B=熱伝導

4:A=熱伝導 B=熱貫流

5:A=熱伝導 B=熱伝達

解答と解説

R2前期-問2

水管ボイラーについて、誤っているものは次のうちどれか。

1:自然循環式水管ボイラーは、高圧になるほど蒸気と水との密度差が大きくなり、ボイラー水の循環力が強くなる。

2:強制循環式水管ボイラーは、ボイラー水の循環系路中に設けたポンプによって、強制的にボイラー水の循環を行わせる。

3:二胴形水管ボイラーは、炉壁内面に水管を配した水冷壁と、上下ドラムを連絡する水管群を組み合わせた形式のものが一般的である。

4:高圧大容量の水管ボイラーには、炉壁全面が水冷壁で、蒸発部の対流伝熱面が少ない放射形ボイラーが多く用いられる。

5:水管ボイラーは、給水及びボイラー水の処理に注意を要し、特に高圧ボイラーでは厳密な水管理を行う必要がある。

解答と解説

R2前期-問3

ボイラーの鏡板について、誤っているものは次のうちどれか。

1:鏡板は、胴又はドラムの両端を覆っている部分をいい、煙管ボイラーのように管を取り付ける鏡板は、特に管板という。

2:鏡板は、その形状によって、平鏡板、皿形鏡板、半だ円体形鏡板及び全半球形鏡板に分けられる。

3:平鏡板の大径のものや高い圧力を受けるものは、内部の圧力によって生じる曲げ応力に対して、強度を確保するためステーによって補強する。

4:皿形鏡板は、球面殻、環状殻及び円筒殻から成っている。

5:皿形鏡板は、同材質、同径及び同厚の場合、半だ円体形鏡板に比べて強度が強い。

解答と解説

R2前期-問4

鋳鉄製蒸気ボイラーについて、誤っているものは次のうちどれか。

1:各セクションは、蒸気部連絡口及び水部連絡口の穴の部分にニップルをはめて結合し、セクション締付ボルトで締め付けて組み立てられている。

2:鋳鉄製のため、鋼製ボイラーに比べ、強度が強く、腐食にも強い。

3:加圧燃焼方式を採用して、ボイラー効率を高めたものがある。

4:セクションの数は20程度までで、伝熱面積は50m2程度までが一般的である。

5:多数のスタッドを取り付けたセクションによって、伝熱面積を増加させることができる。

解答と解説

R2前期-問5

ボイラーに使用する計測器について、誤っているものは次のうちどれか。

1:ブルドン管圧力計は、断面が扁平な管を円弧状に曲げたブルドン管に圧力が加わると、圧力の大きさに応じて円弧が広がることを利用している。

2:差圧式流量計は、流体が流れている管の中に絞りを挿入すると、入口と出口との間に流量の二乗に比例する圧力差が生じることを利用している。

3:容積式流量計は、だ円形のケーシングの中で、だ円形歯車を2個組み合わせ、これを流体の流れによって回転させると、流量が歯車の回転数に比例することを利用している。

4:平形反射式水面計は、光線の屈折率の差を利用したもので、蒸気部は赤色に、水部は緑色に見える。

5:U字管式通風計は、計測する場所の空気又はガスの圧力と大気圧との差圧を水柱で示す。

解答と解説

R2前期-問6

ボイラーの燃焼装置及び燃焼安全装置に求められる要件について、誤っているものは次のうちどれか。

1:燃焼装置は、燃焼が停止した後に、燃料が燃焼室内に流入しない構造のものであること。

2:燃焼装置は、燃料漏れの点検・保守が容易な構造のものであること。

3:燃焼安全装置は、ファンが異常停止した場合に、主バーナへの燃料の供給を直ちに遮断する機能を有するものであること。

4:燃焼安全装置は、異常消火の場合に、主バーナへの燃料の供給を直ちに遮断し、修復後は手動又は自動で再起動する機能を有するものであること。

5:燃焼装置には、主安全制御器、火炎検出器、燃料遮断弁などで構成される信頼性の高い燃焼安全装置が設けられていること。

解答と解説

R2前期-問7

ボイラーの吹出し装置について、誤っているものは次のうちどれか。

1:吹出し弁には、スラッジなどによる故障を避けるため、玉形弁又はアングル弁が用いられる。

2:最高使用圧力1MPa未満のボイラーでは、吹出し弁の代わりに吹出しコックが用いられることが多い。

3:大形のボイラー及び高圧のボイラーには、2個の吹出し弁を直列に設け、第一吹出し弁に急開弁、第二吹出し弁に漸開弁を取り付ける。

4:連続運転するボイラーでは、ボイラー水の不純物濃度を一定に保つため、連続吹出し装置が用いられる。

5:連続吹出し装置の吹出し管は、胴や蒸気ドラムの水面近くに取り付ける。

解答と解説

R2前期-問8

ボイラーの給水系統装置について、誤っているものは次のうちどれか。

1:ボイラーに給水する遠心ポンプは、多数の羽根を有する羽根車をケーシング内で回転させ、遠心作用により水に水圧及び速度エネルギーを与える。

2:遠心ポンプは、案内羽根を有するディフューザポンプと有しない渦巻ポンプに分類される。

3:渦流ポンプは、円周流ポンプとも呼ばれているもので、小容量の蒸気ボイラーなどに用いられる。

4:ボイラー又はエコノマイザの入口近くには、給水弁と給水逆止め弁を設ける。

5:給水内管は、一般に長い鋼管に多数の穴を設けたもので、胴又は蒸気ドラム内の安全低水面よりやや上方に取り付ける。

解答と解説

R2前期-問9

ボイラーのシーケンス制御回路に使用される電気部品について、誤っているものは次のうちどれか。

1:電磁継電器は、コイルに電流が流れて鉄心が励磁され、吸着片を引き付けることによって接点を切り替える。

2:電磁継電器のブレーク接点(b接点)は、コイルに電流が流れると閉となり、電流が流れないと開となる。

3:電磁継電器のブレーク接点(b接点)を用いることによって、入力信号に対して出力信号を反転させることができる。

4:タイマは、適当な時間の遅れをとって接点を開閉するリレーで、シーケンス回路によって行う自動制御回路に多く利用される。

5:リミットスイッチは、物体の位置を検出し、その位置に応じた制御動作を行うために用いられるもので、マイクロスイッチや近接スイッチがある。

解答と解説

R2前期-問10

ボイラーに空気予熱器を設置した場合の利点に該当しないものは次のうちどれか。

1:ボイラー効率が上昇する。

2:燃焼状態が良好になる。

3:過剰空気量を小さくできる。

4:燃焼用空気の温度が上昇し、水分の多い低品位燃料の燃焼に有効である。

5:通風抵抗が増加する。

解答と解説

スポンサーリンク

Home > R2前期問題と解答・解説 > ボイラーの構造(1~10)

Page Top

© 2011-2021 過去問.com