Home > H22後期問題と解答・解説 > 関係法令(31~40)

スポンサーリンク

関係法令(31~40)

H22後期-問31

ボイラー(移動式及び屋外式のボイラーを除く。)を設置するボイラー室について、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

1:伝熱面積が3m2を超えるボイラーは、ボイラー室に設置しなければならない。

2:ボイラー室には、原則として2以上の出入口を設けなければならない。

3:ボイラーの最上部から天井、配管その他のボイラーの上部にある構造物までの距離は、原則として1.2m以上としなければならない。

4:金属製の煙突又は煙道の外側から0.15m以内にある可燃性の物は、原則として金属以外の不燃性の材料で被覆しなければならない。

5:ボイラー室に重油タンクを設置する場合は、原則としてボイラーの外側から1.2m以上離しておかなければならない。

解答と解説

H22後期-問32

次の文中の[  ]内に入れるA及びBの用語の組合せとして、法令上、正しいものは1~5のうちどれか。

「ボイラー検査証の有効期間の更新を受けようとする者は、当該検査証に係るボイラー及び(1)ボイラー室、(2)ボイラー及びその配管の配置状況、(3)ボイラーの据付基礎並びに[ A ]及び煙道の構造について[ B ]検査を受けなければならない。」

1:A=燃焼室 B=性能

2:A=燃焼室 B=使用

3:A=給水装置 B=使用

4:A=自動制御装置 B=性能

5:A=自動制御装置 B=使用

解答と解説

H22後期-問33

ボイラーの次の部分又は設備を変更しようとするとき、法令上、ボイラー変更届を所轄労働基準監督署長に提出する必要がないものはどれか。

1:管板

2:空気予熱器

3:過熱器

4:節炭器

5:燃焼装置

解答と解説

H22後期-問34

ボイラーの伝熱面積に算入しない部分は、法令上、次のうちどれか。

1:蒸気ドラム

2:管寄せ

3:水管

4:煙管

5:炉筒

解答と解説

H22後期-問35

ボイラーの定期自主検査について、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

1:自主検査は、原則として1月以内ごとに1回、定期に行わなければならない。

2:自主検査は、「ボイラー本体」、「燃焼装置」、「自動制御装置」及び「附属装置及び附属品」の4項目について行わなければならない。

3:「燃焼装置」のバーナは、汚れ又は損傷の有無について点検しなければならない。

4:「自動制御装置」の電気配線は、端子の異常の有無について点検しなければならない。

5:自主検査の結果を記録し、1年間保存しなければならない。

解答と解説

H22後期-問36

ボイラー取扱作業主任者が行わなければならない職務として、法令に規定されていない事項は次のうちどれか。

1:圧力、水位及び燃焼状態を監視すること。

2:低水位燃焼しゃ断装置、火炎検出装置その他の自動制御装置を点検し、及び調整すること。

3:適宜、吹出しを行い、ボイラー水の濃縮を防ぐこと。

4:1週間に1回、水面測定装置の機能を点検すること。

5:排出されるばい煙の測定濃度及びボイラー取扱い中における異常の有無を記録すること。

解答と解説

H22後期-問37

ボイラーを設置している者が、ボイラー検査証の再交付を受けなければならない場合は、法令上、次のうちどれか。

1:ボイラー取扱作業主任者を変更したとき

2:ボイラーの変更検査に合格したとき

3:ボイラー検査証を損傷したとき

4:ボイラーを設置している事業者の変更があったとき

5:ボイラーの設置場所を変更したとき

解答と解説

H22後期-問38

二級ボイラー技士免許を受けた者をボイラー取扱作業主任者として、選任することができるボイラーは、法令上、次のうちどれか。

1:伝熱面積が50m2の鋳鉄製温水ボイラー

2:伝熱面積が40m2の炉筒煙管ボイラー

3:伝熱面積が25m2の外だき横煙管ボイラー

4:伝熱面積が200m2の貫流ボイラー

5:最大電力設備容量が600kWの電気ボイラー

解答と解説

H22後期-問39

最高使用圧力1.0MPaの蒸気ボイラーに取り付ける圧力計について、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

1:蒸気が直接圧力計に入らないようにすること。

2:圧力計への連絡管は、容易に閉そくしない構造であること。

3:コック又は弁の開閉状況を容易に知ることができること。

4:目盛盤の径は、目盛りを確実に確認できるものであること。

5:目盛盤の最大指度は、1.3MPa以上3.0MPa以下の圧力を示す指度とすること。

解答と解説

H22後期-問40

鋼製ボイラー及び附属設備の安全弁について、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

1:安全弁は、ボイラー本体の容易に検査できる位置に直接取り付け、かつ、弁軸を鉛直にしなければならない。

2:伝熱面積50m2以下の蒸気ボイラーにあっては、安全弁を1個とすることができる。

3:水の温度が100℃を超える温水ボイラーには、安全弁を備えなければならない。

4:過熱器には、過熱器の出口付近に過熱器の温度を設計温度以下に保持することができる安全弁を備えなければならない。

5:貫流ボイラーにあっては、ボイラーの最大蒸発量以上の吹出し量の安全弁を過熱器の出口付近に取り付けることができる。

解答と解説

スポンサーリンク

Home > H22後期問題と解答・解説 > 関係法令(31~40)

Page Top

© 2011-2017 過去問.com