Home > ボイラーの構造(1~10) > H30後期-問4

H30後期-問4

ボイラー各部の構造及び強さについて、誤っているものは次のうちどれか。

1:胴板には、内部の圧力によって引張応力が生じる。

2:胴板に生じる応力に対して、胴の周継手の強さは、長手継手の強さの2倍以上必要である。

3:だ円形のマンホールを胴に設ける場合には、短径部を胴の軸方向に配置する。

4:平鏡板で、大径のものや圧力の高いものは、内部の圧力によって生じる曲げ応力に対し、ステーによる補強が必要である。

5:管板には、煙管のころ広げに要する厚さを確保するため、一般に平管板が用いられる。

答:2

1:正しい。胴板には、内部の圧力によって引張応力が生じる。

2:誤り。胴板に生じる応力に対して、胴の周継手の強さは、長手継手の強さの1/2倍以上必要である。

3:正しい。だ円形のマンホールを胴に設ける場合には、短径部を胴の軸方向に配置する。

4:正しい。平鏡板で、大径のものや圧力の高いものは、内部の圧力によって生じる曲げ応力に対し、ステーによる補強が必要である。

5:正しい。管板には、煙管のころ広げに要する厚さを確保するため、一般に平管板が用いられる。

スポンサーリンク

Home > ボイラーの構造(1~10) > H30後期-問4

Page Top

© 2011-2019 過去問.com