Home > ボイラーの構造(1~10) > H30後期-問5

H30後期-問5

ボイラーの自動制御について、誤っているものは次のうちどれか。

1:オンオフ動作による蒸気圧力制御は、蒸気圧力の変動によって、燃焼又は燃焼停止のいずれかの状態をとる。

2:ハイ・ロー・オフ動作による蒸気圧力制御は、蒸気圧力の変動によって、高燃焼、低燃焼又は燃焼停止のいずれかの状態をとる。

3:比例動作による制御は、オフセットが現れた場合にオフセットがなくなるように動作する制御である。

4:積分動作による制御は、偏差の時間積分値に比例して操作量を増減するように動作する制御である。

5:微分動作による制御は、偏差が変化する速度に比例して操作量を増減するように動作する制御である。

答:3

1:正しい。オンオフ動作による蒸気圧力制御は、蒸気圧力の変動によって、燃焼又は燃焼停止のいずれかの状態をとる。

2:正しい。ハイ・ロー・オフ動作による蒸気圧力制御は、蒸気圧力の変動によって、高燃焼、低燃焼又は燃焼停止のいずれかの状態をとる。

3:誤り。比例動作による制御は、偏差の大きさに比例して操作量を増減するように動作するもので、オフセットが現れることがある。積分動作による制御は、制御偏差量に比例した速度で操作量を増減するように動作するもので、オフセットが現れた場合にオフセットがなくなるように制御を行う。

4:正しい。積分動作による制御は、偏差の時間積分値に比例して操作量を増減するように動作する制御である。

5:正しい。微分動作による制御は、偏差が変化する速度に比例して操作量を増減するように動作する制御である。

スポンサーリンク

Home > ボイラーの構造(1~10) > H30後期-問5

Page Top

© 2011-2019 過去問.com