Home > H27後期問題と解答・解説 > 燃料及び燃焼(21~30)

スポンサーリンク

燃料及び燃焼(21~30)

H27後期-問21

ボイラーの燃焼における一次空気及び二次空気について、誤っているものは次のうちどれか。

1:油・ガスだき燃焼における一次空気は、噴射された燃料の周辺に供給され、初期燃焼を安定させる。

2:油・ガスだき燃焼における二次空気は、旋回又は交差流によって燃料と空気の混合を良好にして、燃焼を完結させる。

3:微粉炭バーナ燃焼では、一般に、一次空気と微粉炭は予混合されてバーナに供給され、二次空気はバーナの周囲から噴出される。

4:火格子燃焼における一次空気は、一般の上向き通風では火格子から燃料層を通して送入される。

5:火格子燃焼における一次空気と二次空気の割合は、二次空気が大部分を占める。

解答と解説

H27後期-問22

重油に含まれる成分などによる障害について、誤っているものは次のうちどれか。

1:残留炭素分が多いほど、ばいじん量は増加する。

2:水分が多いと、バーナ管内でベーパロックを起こす。

3:スラッジは、ポンプ、流量計、バーナチップなどを摩耗させる。

4:灰分は、ボイラーの伝熱面に付着し伝熱を阻害する。

5:硫黄分は、ボイラーの低温伝熱面に低温腐食を起こす。

解答と解説

H27後期-問23

ボイラーの熱損失のうち、一般に最も大きなものは次のうちどれか。

1:燃えがら中の未燃分による損失

2:不完全燃焼ガスによる損失

3:排ガス熱による損失

4:ボイラー周壁からの放熱による損失

5:ドレンによる損失

解答と解説

H27後期-問24

次の文中の[  ]内に入れるA及びBの語句の組合せとして、正しいものは1~5のうちどれか。

「燃料を空気中で加熱し、他から点火しないで自然に燃え始める最低の温度を[ A ]という。[ A ]は、燃料が加熱されて[ B ]反応によって発生する熱量と、外気に放散される熱量との平衡によって決まる。」

1:A=着火温度 B=中和

2:A=引火点 B=酸化

3:A=着火温度 B=還元

4:A=引火点 B=還元

5:A=着火温度 B=酸化

解答と解説

H27後期-問25

油だきボイラーにおける重油の加熱について、誤っているものは次のうちどれか。

1:粘度の高い重油は、噴霧に適した粘度にするため加熱する。

2:加熱温度が低すぎると、すすが発生する。

3:加熱温度が高すぎると、いきづき燃焼となる。

4:加熱温度が高すぎると、炭化物生成の原因となる。

5:C重油の加熱温度は、一般に50~60℃である。

解答と解説

H27後期-問26

ボイラーの燃料の燃焼により発生するNOxの抑制措置として、誤っているものは次のうちどれか。

1:燃焼域での酸素濃度を低くする。

2:燃焼温度を低くし、特に局所的高温域が生じないようにする。

3:高温燃焼域における燃焼ガスの滞留時間を長くする。

4:二段燃焼法によって燃焼させる。

5:排ガス再循環法によって燃焼させる。

解答と解説

H27後期-問27

ボイラー用気体燃料について、誤っているものは次のうちどれか。

1:LNGは、天然ガスを産地で精製後、-162℃に冷却し液化したものである。

2:都市ガスは、一般に天然ガスを原料としている。

3:都市ガスは、液体燃料に比べてNOxやCO2の排出量は多いが、SOxは排出しない。

4:LPGは、都市ガスに比べて発熱量が大きい。

5:液体燃料ボイラーのパイロットバーナの燃料は、LPGを使用することが多い。

解答と解説

H27後期-問28

ボイラーの油バーナについて、誤っているものは次のうちどれか。

1:圧力噴霧式バーナは、油に高圧力を加え、これをノズルチップから炉内に噴出させて微粒化するものである。

2:戻り油式圧力噴霧バーナは、単純な圧力噴霧式バーナに比べバーナ負荷調整範囲が広い。

3:高圧蒸気噴霧式バーナは、比較的高圧の蒸気を霧化媒体として油を微粒化するもので、バーナ負荷調整範囲が広い。

4:回転式バーナは、カップの内面で油膜を形成し、空気用ノズルからの空気を高速回転させ油を微粒化するものである。

5:ガンタイプバーナは、ファンと圧力噴霧式バーナを組み合わせたもので、燃焼量の調整範囲が狭い。

解答と解説

H27後期-問29

ボイラーの液体燃料の供給装置について、誤っているものは次のうちどれか。

1:燃料油タンクは、用途により貯蔵タンクとサービスタンクに分類される。

2:サービスタンクには、油面計、温度計、自動油面調節装置などを取り付ける。

3:サービスタンクの貯油量は、一般に最大燃焼量の24時間分以上である。

4:油ストレーナは、油中の土砂、鉄さび、ごみなどの固形物を除去するものである。

5:油加熱器には、蒸気式と電気式がある。

解答と解説

H27後期-問30

ボイラー用ガスバーナについて、誤っているものは次のうちどれか。

1:ボイラー用ガスバーナは、ほとんどが予混合燃焼方式を採用している。

2:センタータイプガスバーナは、空気流の中心にガスノズルがあり、先端からガスを放射状に噴射する。

3:リングタイプガスバーナは、リング上の管の内側に多数のガス噴射孔があり、空気流の外側からガスを内側に向かって噴射する。

4:マルチスパッドガスバーナは、空気流中に数本のガスノズルがあり、ガスノズルを分割することでガスと空気の混合を促進する。

5:ガンタイプガスバーナは、バーナ、ファン、点火装置、燃焼安全装置、負荷制御装置などを一体化したもので、中・小容量ボイラーに用いられる。

解答と解説

スポンサーリンク

Home > H27後期問題と解答・解説 > 燃料及び燃焼(21~30)

Page Top

© 2011-2017 過去問.com