Home > 力学 > R1後期-問39

R1後期-問39

天井から垂直につるした直径1cmの丸棒の先端に質量100kgの荷をつり下げるとき、丸棒に生じる引張応力の値に最も近いものは1~5のうちどれか。
ただし、重力の加速度は9.8m/s2とし、丸棒の質量は考えないものとする。

1:1N/mm2

2:6N/mm2

3:12N/mm2

4:25N/mm2

5:31N/mm2

答:3

引張応力(N/mm2)=部材に作用する引張荷重(N)÷部材の断面積(mm2

=100kg×9.8m/s2÷(5mm×5mm×3.14)

=980N÷78.5mm2

=12.48N/mm2

スポンサーリンク

Home > 力学 > R1後期-問39

Page Top

© 2011-2020 過去問.com