Home > 力学 > R1後期-問38

R1後期-問38

図のような形状のアルミニウム製の直方体を同じ長さの2本の玉掛け用ワイヤロープを用いてつり角度60°でつるとき、1本のワイヤロープにかかる張力の値に最も近いものは1~5のうちどれか。
ただし、アルミニウムの1m3当たりの質量は2.7t、重力の加速度は9.8m/s2とする。また、荷の左右のつり合いは取れており、左右のワイヤロープの張力は同じとし、ワイヤロープ及び荷のつり金具の質量は考えないものとする。

1:15kN

2:19kN

3:26kN

4:31kN

5:37kN

答:1

ワイヤロープ1本に掛かる張力=質量÷つり本数×重力の加速度×張力係数

 質量=1m×1m×1m×2.7t=2.7t=2,700kg

 つり本数=2本

 重力の加速度=9.8m/s2

 つり角度60°の場合の張力係数=1.16

2,700kg÷2本×9.8m/s2×1.16=15,346.8N=15.3468kN

スポンサーリンク

Home > 力学 > R1後期-問38

Page Top

© 2011-2020 過去問.com