Home > 力学 > R1後期-問37

R1後期-問37

荷重に関する記述として、適切でないものは次のうちどれか。

1:クレーンのシーブを通る巻上げ用ワイヤロープには、引張荷重と曲げ荷重がかかる。

2:せん断荷重は、材料をはさみで切るように働く荷重である。

3:天井クレーンのクレーンガーダには、主に曲げ荷重がかかる。

4:クレーンのフックには、ねじり荷重と圧縮荷重がかかる。

5:静荷重は、大きさと向きが変わらない荷重である。

答:4

1:正しい。クレーンのシーブを通る巻上げ用ワイヤロープには、引張荷重と曲げ荷重がかかる。

2:正しい。せん断荷重は、材料をはさみで切るように働く荷重である。

3:正しい。天井クレーンのクレーンガーダには、主に曲げ荷重がかかる。

4:誤り。クレーンのフックには、曲げ荷重と引張荷重がかかる。

5:正しい。静荷重は、大きさと向きが変わらない荷重である。

スポンサーリンク

Home > 力学 > R1後期-問37

Page Top

© 2011-2020 過去問.com