Home > ボイラーの取扱い(11~20) > H30後期-問20

H30後期-問20

ボイラーの休止中の保存法について、誤っているものは次のうちどれか。

1:ボイラーの燃焼側及び煙道は、すすや灰を完全に除去して、防錆油、防錆剤などを塗布する。

2:乾燥保存法は、休止期間が3か月程度以内の比較的短期間の場合に採用される。

3:乾燥保存法では、ボイラー水を全部排出して内外面を清掃した後、ボイラー内に蒸気や水が漏れ込まないように、蒸気管、給水管などは確実に外部との連絡を遮断する。

4:満水保存法は、凍結のおそれがある場合には採用できない。

5:満水保存法では、月に1~2回、保存水の薬剤の濃度などを測定し、所定の値を保つように管理する。

答:2

1:正しい。ボイラーの燃焼側及び煙道は、すすや灰を完全に除去して、防錆油、防錆剤などを塗布する。

2:誤り。乾燥保存法は、休止期間が長期間にわたる場合、または凍結のおそれがある場合に採用される。

3:正しい。乾燥保存法では、ボイラー水を全部排出して内外面を清掃した後、ボイラー内に蒸気や水が漏れ込まないように、蒸気管、給水管などは確実に外部との連絡を遮断する。

4:正しい。満水保存法は、凍結のおそれがある場合には採用できない。

5:正しい。満水保存法では、月に1~2回、保存水の薬剤の濃度などを測定し、所定の値を保つように管理する。

スポンサーリンク

Home > ボイラーの取扱い(11~20) > H30後期-問20

Page Top

© 2011-2019 過去問.com