Home > ボイラーの取扱い(11~20) > H30後期-問19

H30後期-問19

油だきボイラーが運転中に突然消火する原因となる場合として、誤っているものは次のうちどれか。

1:噴霧空気の圧力が強すぎる。

2:油ろ過器が詰まっている。

3:燃料油弁を絞りすぎる。

4:炉内温度が高すぎる。

5:燃料油の温度が低すぎる。

答:4

1:正しい。噴霧空気の圧力が強すぎることは、異常消火の原因となる。

2:正しい。油ろ過器が詰まっていることは、異常消火の原因となる。

3:正しい。燃料油弁を絞りすぎることは、異常消火の原因となる。

4:誤り。炉内温度が高すぎることは、異常消火の原因とはならない。

5:正しい。燃料油の温度が低すぎることは、異常消火の原因となる。

スポンサーリンク

Home > ボイラーの取扱い(11~20) > H30後期-問19

Page Top

© 2011-2019 過去問.com