Home > ボイラーの構造(1~10) > H30後期-問2

H30後期-問2

ボイラーに空気予熱器を設置した場合の利点として、正しいものは次のうちどれか。

1:ボイラーへの給水温度が上昇する。

2:乾き度の高い飽和蒸気を得ることができる。

3:通風抵抗が増加する。

4:燃焼用空気温度が上昇し、水分の多い低品位燃料の燃焼に有効である。

5:窒素酸化物の発生を抑えられる。

答:4

1:誤り。エコノマイザを設置すると、ボイラーへの給水温度が上昇する。

2:誤り。気水分離器(沸水防止管)を設置すると、乾き度の高い飽和蒸気を得ることができる。

3:誤り。エコノマイザを設置すると、通風抵抗が増加する。

4:正しい。空気予熱器を設置すると、燃焼用空気温度が上昇し、水分の多い低品位燃料の燃焼に有効である。

5:誤り。空気予熱器を設置すると、窒素酸化物の発生量は増加する。

スポンサーリンク

Home > ボイラーの構造(1~10) > H30後期-問2

Page Top

© 2011-2019 過去問.com