Home > ボイラーの取扱い(11~20) > H29前期-問11

H29前期-問11

油だきボイラーの点火時に逆火が発生する原因となる場合として、誤っているものは次のうちどれか。

1:煙道ダンパの開度が不足しているとき。

2:点火の際に着火遅れが生じたとき。

3:点火用バーナの燃料の圧力が低下しているとき。

4:燃料より先に空気を供給したとき。

5:複数のバーナを有するボイラーで、燃焼中のバーナの火炎を利用して、次のバーナに点火したとき。

答:4

1:正しい。煙道ダンパの開度が不足しているときは、逆火が発生しやすい。

2:正しい。点火の際に着火遅れが生じたときは、逆火が発生しやすい。

3:正しい。点火用バーナの燃料の圧力が低下しているときは、逆火が発生しやすい。

4:誤り。空気より先に燃料を供給したときは、逆火が発生しやすい。

5:正しい。複数のバーナを有するボイラーで、燃焼中のバーナの火炎を利用して、次のバーナに点火したときは、逆火が発生しやすい。

スポンサーリンク

Home > ボイラーの取扱い(11~20) > H29前期-問11

Page Top

© 2011-2019 過去問.com