Home > H26後期問題と解答・解説 > ボイラーの取扱い(11~20)

スポンサーリンク

ボイラーの取扱い(11~20)

H26後期-問11

ボイラーの蒸気圧力上昇時の取扱いについて、誤っているものは次のうちどれか。

1:点火後は、ボイラー本体に大きな温度差を生じさせないように、かつ、局部的な過熱を生じさせないように時間をかけ、徐々にたき上げる。

2:ボイラーをたき始めると、ボイラー本体の膨張により水位が下降するので、給水を行い常用水位にする。

3:蒸気が発生し始め、白色の蒸気の放出を確認してから、空気抜き弁を閉じる。

4:圧力計の指針の動きを注視し、圧力の上昇度合いに応じて燃焼を加減する。

5:圧力計の指針の動きが円滑でなく機能に疑いがあるときは、圧力が加わっているときでも、圧力計の下部コックを閉め、予備の圧力計と取り替える。

解答と解説

H26後期-問12

ボイラー水位が安全低水面以下に異常低下する原因となる事項として、誤っているものは次のうちどれか。

1:給水内管の穴が閉そくしている。

2:不純物により水面計が閉そくしている。

3:吹出し装置の閉止が不完全である。

4:蒸気を大量に消費した。

5:給水温度が低下した。

解答と解説

H26後期-問13

ボイラーの水面測定装置の取扱いについて、誤っているものは次のうちどれか。

1:運転開始時の水面計の機能試験は、点火前に残圧がない場合は、たき始めて蒸気圧力が上がり始めたときに行う。

2:水面計のコックを開くときは、ハンドルを管軸に対し直角方向にする。

3:水柱管の連絡管の途中にある止め弁は、開閉を誤認しないように全開してハンドルを取り外しておく。

4:水柱管の水側連絡管は、水柱管に向かって下がり勾配となる配管にする。

5:水側連絡管のスラッジを排出するため、水柱管下部の吹出し管により毎日1回吹出しを行う。

解答と解説

H26後期-問14

ボイラーの運転を終了するときの一般的な操作順序として、適切なものは1~5のうちどれか。
ただし、A からEはそれぞれ次の操作を表す。

A 給水を行い、圧力を下げた後、給水弁を閉じ、給水ポンプを止める。

B 蒸気弁を閉じ、ドレン弁を開く。

C 空気を送入し、炉内及び煙道の換気を行う。

D 燃料の供給を停止する。

E ダンパを閉じる。

1:A→B→C→D→E

2:B→C→A→E→D

3:C→D→E→A→B

4:D→A→B→C→E

5:D→C→A→B→E

解答と解説

H26後期-問15

ボイラーのばね安全弁及び逃がし弁の調整及び試験について、誤っているものは次のうちどれか。

1:安全弁の調整ボルトを定められた位置に設定した後、ボイラーの圧力をゆっくり上昇させて安全弁を作動させ、吹出し圧力及び吹止まり圧力を確認する。

2:安全弁が設定圧力になっても作動しない場合は、直ちにボイラーの圧力を設定圧力の80%程度まで下げ、調整ボルトを締めて再度試験する。

3:ボイラー本体に安全弁が2個ある場合は、1個を最高使用圧力以下で先に作動するように調整し、他を最高使用圧力の3%増以下で作動するように調整する。

4:エコノマイザの逃がし弁(安全弁)は、ボイラー本体の安全弁より高い圧力に調整する。

5:最高使用圧力の異なるボイラーが連絡している場合、各ボイラーの安全弁は、最高使用圧力の最も低いボイラーを基準に調整する。

解答と解説

H26後期-問16

ボイラーの休止中の保存法について、誤っているものは次のうちどれか。

1:ボイラーの燃焼側及び煙道は、すすや灰を完全に除去して、防錆せい油又は防錆剤などを塗布する。

2:乾燥保存法は、休止期間が3か月程度以内の比較的短期間休止する場合に採用される。

3:乾燥保存法では、ボイラー水を全部排出して内外面を清掃した後、少量の燃料を燃焼させ完全に乾燥させる。

4:満水保存法は、凍結のおそれがある場合には採用できない。

5:満水保存法では、月に1~2回、保存水の薬剤の濃度などを測定し、所定の値を保つよう管理する。

解答と解説

H26後期-問17

ボイラーにキャリオーバが発生した場合の処置として、誤っているものは次のうちどれか。

1:燃焼量を下げる。

2:主蒸気弁を急開して蒸気圧力を下げる。

3:ボイラー水位が高いときは、一部を吹出しする。

4:ボイラー水の水質試験を行う。

5:ボイラー水が過度に濃縮されたときは、吹出し量を増す。

解答と解説

H26後期-問18

ボイラーの内面腐食について、誤っているものは次のうちどれか。

1:給水中に含まれる溶存気体のO2やCO2は、鋼材の腐食の原因となる。

2:腐食は、一般に電気化学的作用により生じる。

3:アルカリ腐食は、高温のボイラー水中で濃縮した水酸化ナトリウムと鋼材が反応して生じる。

4:ボイラー水の酸消費量を調整することによって、腐食を抑制する。

5:ボイラー水のpHを酸性に調整することによって、腐食を抑制する。

解答と解説

H26後期-問19

ボイラーの燃焼安全装置の燃料油用遮断弁(電磁弁)の遮断機構の故障の原因となる事項として、誤っているものは次のうちどれか。

1:バイメタルが損傷している。

2:電磁コイルが焼損している。

3:電磁コイルの絶縁が低下している。

4:弁座が変形したり損傷している。

5:弁棒が曲がったり折損している。

解答と解説

H26後期-問20

ボイラー清缶剤の使用目的として、誤っているものは次のうちどれか。

1:ボイラー内で軟化により生じた泥状沈殿物の結晶の成長を防止する。

2:ボイラーの伝熱面へのすすの付着を防止する。

3:低圧ボイラーで、ボイラー水中のシリカを可溶性の化合物に変える。

4:ボイラー水中の硬度成分を不溶性の化合物(スラッジ)に変える。

5:酸消費量を適度に保つことによって腐食を抑制する。

解答と解説

スポンサーリンク

Home > H26後期問題と解答・解説 > ボイラーの取扱い(11~20)

Page Top

© 2011-2017 過去問.com