Home > H31前期問題と解答・解説 > クレーン及びデリック

スポンサーリンク

クレーン及びデリック

H31前期-問1

クレーンに関する用語の記述として、適切でないものは次のうちどれか。

1:荷が上昇する運動を巻上げといい、荷が下降する運動を巻下げという。

2:玉掛けとは、ワイヤロープ、つりチェーンなどの玉掛用具を用いて荷をクレーンのフックに掛けたり、外したりすることをいう。

3:天井クレーンで、定格荷重とは、つり上げ荷重からフックなどのつり具分を差し引いた荷重をいう。

4:ジブクレーンの作業半径とは、ジブの取付ピンとつり具中心との水平距離をいう。

5:クレーンガーダ、水平ジブなどに沿ってトロリが移動する運動を横行という。

解答と解説

H31前期-問2

クレーンの構造部分に関する記述として、適切でないものは次のうちどれか。

1:橋形クレーンの脚部には、剛脚と揺脚があり、その構造は、ボックス構造やパイプ構造が多い。

2:天井クレーンのサドルは、クレーンガーダを支え、クレーン全体を走行させる車輪を備えた構造物である。

3:プレートガーダは、細長い部材を三角形に組んだ骨組構造で、強度が大きい。

4:Iビームガーダは、I形鋼を用いたクレーンガーダで、補桁を設けないこともある。

5:ボックスガーダは、鋼板を箱形に組み立てたもので、水平力を支えることができる構造であるため、補桁は不要である。

解答と解説

H31前期-問3

ワイヤロープ及びつり具に関する記述として、適切でないものは次のうちどれか。

1:グラブバケットは、石炭、鉄鉱石、砂利などのばら物を運搬するために用いられるつり具である。

2:「ラングより」のワイヤロープは、ロープのよりの方向とストランドのよりの方向が同じである。

3:「Sより」のワイヤロープは、ロープを縦にして見たとき、左上から右下へストランドがよられている。

4:ワイヤロープの心綱は、ストランドの中心にある素線のことで、良質の炭素鋼を線引きして作られる。

5:フックは、形状、材質、強度などによる条件に適応するため、一般に鍛造によって成形されている。

解答と解説

H31前期-問4

クレーンの機械要素に関する記述として、適切でないものは次のうちどれか。

1:ローラーチェーン軸継手は、たわみ軸継手の一種で、2列のローラーチェーンと2個のスプロケットから成り、ピンの抜き差しで両軸の連結及び分離が簡単にできる。

2:全面機械仕上げしたフランジ形固定軸継手は、バランスが良いため、回転が速い軸の連結に用いられる。

3:ウォームギヤは、ウォームとこれにかみ合うウォームホイールを組み合わせたもので、15~50程度の減速比が得られる。

4:振動や繰返し荷重によるボルトやナットの緩みを防ぐため、ばね座金や舌付き座金のほか、ダブルナット、スプリングナットなどが使用される。

5:歯車形軸継手は、外筒の内歯車と内筒の外歯車がかみ合う構造で、外歯車にはクラウニングが施してあるため、二つの軸のずれや傾きがあると円滑に動力を伝えることができない。

解答と解説

H31前期-問5

クレーンの運動とそれに対する安全装置などの組合せとして、適切でないものは次のうちどれか。

1:巻上げ-----ねじ形リミットスイッチを用いた巻過防止装置

2:巻下げ-----重錘形リミットスイッチを用いた巻過防止装置

3:走行-----斜行防止装置

4:横行-----横行車輪直径の4分の1以上の高さの車輪止め

5:起伏-----傾斜角指示装置

解答と解説

H31前期-問6

クレーンのブレーキに関する記述として、適切でないものは次のうちどれか。

1:足踏み油圧式ディスクブレーキは、運転室に設けた足踏み油圧シリンダを操作することにより制御するもので、天井クレーンの走行用やジブクレーンの旋回用に用いられる。

2:電動油圧押上機ブレーキは、油圧により制動を行い、ばねによって制動力を解除する。

3:ドラム形電磁ブレーキは、電磁石、リンク機構及びばねにより構成されており、電磁石の励磁を交流で行うものを交流電磁ブレーキ、直流で行うものを直流電磁ブレーキという。

4:バンドブレーキには、緩めたときにバンドが平均して緩むように、バンドの外周にすき間を調整するボルトが配置されている。

5:巻上装置及び起伏装置のブレーキは、定格荷重に相当する荷重の荷をつった場合における当該装置のトルクの値の1.5倍の制動力を持つものでなければならない。

解答と解説

H31前期-問7

クレーンの給油及び点検に関する記述として、適切なものは次のうちどれか。

1:グリースカップ式の給油方法は、グリースカップから一定の圧力で自動的にグリースが圧送されるので、給油の手間がかからない。

2:潤滑油としてギヤ油を用いた減速機箱は、箱内が密封されているので、油の交換は不要である。

3:ワイヤロープの点検で直径を測定する場合は、フックブロックのシーブを通過する頻度が高い部分を避け、エコライザシーブの下方1m程度の位置で行う。

4:軸受へのグリースの給油は、平軸受(滑り軸受)では毎日1回程度、転がり軸受では6か月に1回程度の間隔で行う。

5:ワイヤロープの心綱には、素線の摩耗を防ぐために油を含ませてあるが、長時間使用しているうちに油が絞り出されて少なくなり素線の摩耗が増加するので、適宜、ロープ専用のマシン油を塗布し補給する。

解答と解説

H31前期-問8

デリックの種類及び型式に関する記述として、適切なものは次のうちどれか。

1:スチフレッグデリックは、1本の直立したマストを通常90°に開いた2本のガイロープにより後方から支えるもので、ブームはマストより短いものが多く、360°まで旋回する。

2:鳥居形デリックは、2本の直立したマストを2本のステーにより後方から支えるもので、旋回角度はステーにより制限され、通常は180°が限度である。

3:ジンポールデリックは、1本の直立したマストを2本のガイロープにより後方から支えるもので、旋回は通常、180°が限度である。

4:ガイデリックは、1本の傾斜したマストを2本のステーにより後方から支えるもので、旋回角度はステーにより制限され、通常は240°が限度である。

5:二又デリックは、2本のマストを互いに交差させ、2本以上のガイロープにより支える簡単な構造のもので、交差部に巻上げ用ワイヤロープが取り付けられている。

解答と解説

H31前期-問9

デリックの取扱いに関する記述として、適切でないものは次のうちどれか。

1:巻過防止装置を備えていないデリックは、巻過警報装置を取り付けるか、巻上げ用ワイヤロープに目印を付けて巻過ぎを防止する。

2:旋回するブームを有するデリックは、旋回範囲の限界を超えて旋回させると、旋回用ワイヤロープの切断などの事故を引き起こすことになる。

3:ウインチを用いるデリックでは、作業中に停電になったときは、止め金を外し、クラッチをつなぎ、スイッチを切って送電を待つ。

4:巻下げのときは、ドラムをフリーにして、ブレーキだけで速度を制御するデリックが多い。

5:みぞ付きでないドラムにワイヤロープを重ね巻きにするデリックは、ワイヤロープのフリートアングルが制限されている。

解答と解説

H31前期-問10

デリックの旋回に関する記述として、適切でないものは次のうちどれか。

1:ウインチのスインガードラムは、通常、1個のドラムで構成されている。

2:旋回専用の電動機で旋回装置を駆動して、ブームを旋回させるデリックがある。

3:旋回の制限位置の手前で、ブルホイールに取り付けたストライカにより、リミットスイッチを作動させる旋回警報装置がある。

4:ブルホイールによる旋回は、スインガードラムにより、ワイヤロープを介してブルホイールを回転させて行う。

5:ブルホイールは、マスト下部に水平に固定された円形の輪である。

解答と解説

スポンサーリンク

Home > H31前期問題と解答・解説 > クレーン及びデリック

Page Top

© 2011-2020 過去問.com