Home > H30後期問題と解答・解説 > 力学

スポンサーリンク

力学

H30後期-問31

図のようにO点に同一平面上の三つの力P1、P2、P3が作用しているとき、これらの合力に最も近いものは1~5のうちどれか。

1:A

2:B

3:C

4:D

5:E

解答と解説

H30後期-問32

図のような天びん棒で荷Wをワイヤロープでつり下げ、つり合うとき、天びん棒を支えるための力Fの値は1~5のうちどれか。
ただし、重力の加速度は9.8m/s2とし、天びん棒及びワイヤロープの質量は考えないものとする。

1:49N

2:196N

3:245N

4:441N

5:490N

解答と解説

H30後期-問33

物体の質量及び比重に関する記述として、適切でないものは次のうちどれか。

1:鉛1m3の質量は、約11.4tである。

2:物体の体積をV、その単位体積当たりの質量をdとすれば、その物体の質量Wは、W=V×dで求められる。

3:銅の比重は、約8.9である。

4:形状が立方体で均質な材質でできている物体では、縦、横、高さ3辺の長さがそれぞれ4倍になると質量は12倍になる。

5:アルミニウム1m3の質量と水2.7m3の質量は、ほぼ同じである。

解答と解説

H30後期-問34

均質な材料でできた固体の物体の重心に関する記述として、適切でないものは次のうちどれか。

1:直方体の物体の置き方を変える場合、重心の位置が高くなるほど安定性は悪くなる。

2:物体を構成する各部分には、それぞれ重力が作用しており、それらの合力の作用点を重心という。

3:複雑な形状の物体であっても、物体の重心は、一つの点である。

4:重心は、物体の形状によっては必ずしも物体の内部にあるとは限らない。

5:水平面上に置いた直方体の物体を傾けた場合、重心からの鉛直線がその物体の底面を通るときは、その物体は倒れる。

解答と解説

H30後期-問35

ジブクレーンのジブが作業半径15mで3分間に1回転する速度で旋回を続けているとき、このジブの先端の速度の値に最も近いものは1~5のうちどれか。

1:0.5m/s

2:1.0m/s

3:1.6m/s

4:3.9m/s

5:4.7m/s

解答と解説

H30後期-問36

図のように、水平な床面に置いた質量Wの物体を床面に沿って引っ張り、動き始める直前の力Fの値が980Nであったとき、Wの値に最も近いものは1~5のうちどれか。
ただし、接触面の静止摩擦係数は0.6とし、重力の加速度は9.8m/s2とする。

1:60kg

2:100kg

3:143kg

4:167kg

5:200kg

解答と解説

H30後期-問37

荷重に関する記述として、適切でないものは次のうちどれか。

1:せん断荷重は、材料をはさみで切るように働く荷重である。

2:クレーンの巻上げドラムの軸には、主に圧縮荷重がかかる。

3:天井クレーンのクレーンガーダには、主に曲げ荷重がかかる。

4:両振り荷重は、向きと大きさが時間とともに変わる荷重である。

5:クレーンのシーブを通る巻上げ用ワイヤロープには、引張荷重と曲げ荷重がかかる。

解答と解説

H30後期-問38

直径1m、高さ2mのコンクリート製の円柱を同じ長さの2本の玉掛用ワイヤロープを用いてつり角度60°でつるとき、1本のワイヤロープにかかる張力の値に最も近いものは1~5のうちどれか。
ただし、コンクリートの1m3当たりの質量は2.3t、重力の加速度は9.8m/s2とする。
また、荷の左右のつり合いは取れており、左右のワイヤロープの張力は同じとし、ワイヤロープ及び荷のつり金具の質量は考えないものとする。

1:13kN

2:18kN

3:20kN

4:25kN

5:35kN

解答と解説

H30後期-問39

天井から垂直につるした直径2cmの丸棒の先端に質量400kgの荷をつり下げるとき、丸棒に生じる引張応力の値に最も近いものは1~5のうちどれか。
ただし、重力の加速度は9.8m/s2とし、丸棒の質量は考えないものとする。

1:12N/mm2

2:25N/mm2

3:31N/mm2

4:50N/mm2

5:62N/mm2

解答と解説

H30後期-問40

図のような組合せ滑車を用いて質量300kgの荷をつるとき、これを支えるために必要な力Fの値に最も近いものは1~5のうちどれか。
ただし、重力の加速度は9.8m/s2とし、滑車及びワイヤロープの質量並びに摩擦は考えないものとする。

1:245N

2:368N

3:420N

4:490N

5:980N

解答と解説

スポンサーリンク

Home > H30後期問題と解答・解説 > 力学

Page Top

© 2011-2020 過去問.com