Home > R3前期問題と解答・解説 > 原動機及び電気

スポンサーリンク

原動機及び電気

R3前期-問21

電気に関する記述として、適切でないものは次のうちどれか。

1:交流は、整流器で直流に変換できるが、得られた直流は完全に平滑ではなく波が多少残るため、脈流と呼ばれる。

2:交流は、電流及び電圧の大きさ並びにそれらの方向が周期的に変化する。

3:工場の動力用電源には、一般に、200V級又は400V級の単相交流が使用されている。

4:発電所から消費地の変電所までの送電には、電力の損失を少なくするため、特別高圧の交流が使用されている。

5:電力として配電される交流の周波数には、地域によって50Hzと60Hzがある。

解答と解説

R3前期-問22

図のような回路について、AB間の合成抵抗の値に最も近いものは1~5のうちどれか。

1:30Ω

2:50Ω

3:75Ω

4:90Ω

5:95Ω

解答と解説

R3前期-問23

電動機に関する記述として、適切でないものは次のうちどれか。

1:巻線形三相誘導電動機は、固定子側も回転子側も巻線になっており、回転子側の巻線はスリップリングを通して外部抵抗と接続される。

2:かご形三相誘導電動機の回転子は、鉄心の周りに太い導線(バー)がかご形に配置された簡単な構造である。

3:直流電動機は、一般に、速度制御性能が優れているが、整流子及びブラシの保守が必要である。

4:巻線形三相誘導電動機では、固定子側を一次側、回転子側を二次側と呼ぶ。

5:三相誘導電動機の同期速度は、周波数を一定とすれば、極数が少ないほど遅くなる。

解答と解説

R3前期-問24

クレーンの電動機の付属機器に関する記述として、適切でないものは次のうちどれか。

1:カム形間接制御器は、カム周辺に固定されたスイッチにより電磁接触器の操作回路を開閉するものである。

2:押しボタン制御器は、直接制御器の一種であり、電動機の正転と逆転のボタンを同時に押せない構造となっている。

3:無線操作用の制御器には、切替え開閉器により、機上運転に切り替えることができる機能を持つものがある。

4:クランクハンドル式の制御器は、操作ハンドルを水平方向に回して操作する構造である。

5:巻線形三相誘導電動機又は直流電動機の速度制御に用いられる抵抗器には、特殊鉄板を打ち抜いたもの又は鋳鉄製の抵抗体を絶縁ロッドで締め付け、格子状に組み立てたものがある。

解答と解説

R3前期-問25

クレーンの給電装置及び配線に関する記述として、適切でないものは次のうちどれか。

1:トロリ線給電には、トロリ線の取付け方法によりイヤー式とすくい上げ式がある。

2:キャブタイヤケーブルは、導体に細い素線を使い、これを多数より合わせており、外装被覆も厚く丈夫に作られているので、引きずったり、屈曲を繰り返す用途に適している。

3:旋回体、ケーブル巻取式などの回転部分への給電には、トロリバーが用いられる。

4:トロリ線給電のうち絶縁トロリ線方式のものは、一本一本のトロリ線がすその開いた絶縁物で被覆されており、集電子はその間を摺動して集電する。

5:内部配線は、一般に、絶縁電線を金属管などの電線管又は金属ダクト内に収め、外部からの損傷を防いでいる。

解答と解説

R3前期-問26

電動機の制御に関する記述として、適切でないものは次のうちどれか。

1:半間接制御は、巻線形三相誘導電動機の一次側を直接制御器で直接制御し、二次側を電磁接触器で間接制御する方式である。

2:間接制御は、電動機の主回路に電磁接触器を挿入し、主回路の開閉を電磁接触器に行わせる方式で、制御器は、主回路を開閉する電磁接触器の電磁コイル回路の開閉を受け持つ。

3:容量の大きな電動機を直接制御にすると、制御器のハンドル操作が重くなる。

4:間接制御は、直接制御に比べ、制御器は小型軽量であるが、設備費が高い。

5:操作用制御器の第1ノッチとして設けられるコースチングノッチは、ブレーキにのみ通電してブレーキを緩めるようになっているノッチで、停止時の衝撃や荷振れを防ぐために有効である。

解答と解説

R3前期-問27

クレーンの三相誘導電動機の速度制御方式などに関する記述として、適切でないものは次のうちどれか。

1:かご形三相誘導電動機では、極数変換により速度制御を行う場合は、速度比2:1の2巻線のものが多く用いられる。

2:巻線形三相誘導電動機の電動油圧押上機ブレーキ制御は、機械的な摩擦力を利用して制御するため、ブレーキライニングの摩耗を伴う。

3:かご形三相誘導電動機で、電源電圧をそのまま電動機の端子にかけて始動させることを全電圧始動という。

4:巻線形三相誘導電動機の二次抵抗制御は、固定子の巻線に接続した抵抗器の抵抗値を変化させて速度制御するもので、始動時に緩始動ができる。

5:かご形三相誘導電動機のインバーター制御は、電源の周波数を周波数変換器で変えて電動機に供給し回転数を制御するもので、精度の高い速度制御ができる。

解答と解説

R3前期-問28

電気回路の絶縁、絶縁体、スパークなどに関する記述として、適切なものは次のうちどれか。

1:ナイフスイッチは、切るときよりも入れるときの方がスパークが大きいので、入れるときはできるだけスイッチに近づかないようにして、側方などから行う。

2:スパークは、回路にかかる電圧が高いほど大きくなり、その熱で接点の損傷や焼付きを発生させることがある。

3:絶縁物の絶縁抵抗は、漏えい電流を回路電圧で除したものである。

4:雲母は、電気の導体である。

5:電気回路の絶縁抵抗は、ボルトメーターと呼ばれる絶縁抵抗計を用いて測定する。

解答と解説

R3前期-問29

電気計器の使用方法に関する記述として、適切なものは次のうちどれか。

1:回路計(テスター)では、測定する回路の電圧や電流の大きさの見当がつかない場合は、最初に測定範囲の最小レンジで測定する。

2:電流計は、測定する回路に並列に接続して測定し、電圧計は、測定する回路に直列に接続して測定する。

3:電流計で大電流を測定する場合は、交流では分流器を、直流では変流器を使用する。

4:アナログテスターでは、正確な値を測定するため、あらかじめ調整ねじで指針を「0」に合わせる0点調整を行ってから測定する。

5:電圧計で交流高電圧を測定する場合は、計器用変圧器により昇圧した電圧を測定する。

解答と解説

R3前期-問30

感電及びその防止に関する記述として、適切なものは次のうちどれか。

1:感電による死亡原因としては、心室細動の発生、呼吸停止及び電気火傷があげられる。

2:天井クレーンは、鋼製の走行車輪を経て走行レールに接触しているため、走行レールが接地されている場合は、クレーンガーダ上で走行トロリ線の充電部分に身体が接触しても、感電の危険はない。

3:接地線には、できるだけ電気抵抗の大きな電線を使った方が丈夫で、安全である。

4:感電による危険を電流と時間の積によって評価する場合、一般に500ミリアンペア秒が安全限界とされている。

5:人体は身体内部の電気抵抗が皮膚の電気抵抗よりも大きいため、電気火傷の影響は皮膚深部には及ばないが、皮膚表面は極めて大きな傷害を受ける。

解答と解説

スポンサーリンク

Home > R3前期問題と解答・解説 > 原動機及び電気

Page Top

© 2011-2022 過去問.com