Home > 燃料及び燃焼(21~30) > H28後期-問30

H28後期-問30

ボイラーの通風について、誤っているものは次のうちどれか。

1:炉及び煙道を通して起こる空気及び燃焼ガスの流れを、通風という。

2:煙突によって生じる自然通風力は、煙突の高さが高いほど大きくなる。

3:押込通風は、一般に常温の空気を取り扱い、所要動力が小さいので広く用いられている。

4:誘引通風は、比較的高温で体積の大きな燃焼ガスを取り扱うので、炉内の気密が不十分であると燃焼ガスが外部へ漏れる。

5:平衡通風は、燃焼調節が容易で、通風抵抗の大きなボイラーでも強い通風力が得られる。

答:4

1:正しい。炉及び煙道を通して起こる空気及び燃焼ガスの流れを、通風という。

2:正しい。煙突によって生じる自然通風力は、煙突の高さが高いほど大きくなる。

3:正しい。押込通風は、一般に常温の空気を取り扱い、所要動力が小さいので広く用いられている。

4:誤り。誘引通風は、比較的高温で体積の大きな燃焼ガスを取り扱うので、大型のファンを必要とする。燃焼ガスが外部へ漏れ出すことはない。

5:正しい。平衡通風は、燃焼調節が容易で、通風抵抗の大きなボイラーでも強い通風力が得られる。

スポンサーリンク

Home > 燃料及び燃焼(21~30) > H28後期-問30

Page Top

© 2011-2019 過去問.com