Home > H20前期問題と解答・解説 > クレーン及びデリック

スポンサーリンク

クレーン及びデリック

H20前期-問1

クレーンに関する用語について、次のうち誤っているものはどれか。

1:キャンバーとは、あらかじめガーダに与える上向きのそり(曲がり)をいう。

2:天井クレーンのスパンとは、クラブトロリの移動する距離をいう。

3:起伏とは、ジブなどがその取付け端を中心にして上下に動くことをいい、引込みクレーンでは、ジブを起伏させるとき、つり荷はほぼ水平に移動する。

4:ジブクレーンにおいて、旋回中心を軸としてジブが回る運動を旋回という。

5:クレーンの作業範囲とは、クレーンの各種運動を組み合わせてつり荷を移動できる範囲をいう。

解答と解説

H20前期-問2

クレーンの種類・形式又は用途に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:テルハは、一般に床上で運転操作を行い、走行、旋回、ジブの起伏の3つの作動を行うことができる。

2:橋形クレーンは、ガーダの両端に脚を設け、一般的には、地上又は床上に設けたレール上を移動するクレーンである。

3:塔形ジブクレーンは、高い塔状の構造物の上に起伏するジブを設けたもので、主に造船所のぎ装用として使用される。

4:壁クレーンは、建家の壁や柱に取り付けられたクレーンで、水平ジブに沿ってトロリが移動するものが多い。

5:引込みクレーンは、水平引込みをさせるための機構により、ダブルリンク式、ロープバランス式、スイングレバー式、テンションロープ式などがある。

解答と解説

H20前期-問3

クレーンの構造部分に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:クレーンの構造部分は、各部材の接合方法によって、リベット接合と溶接接合に分けられるが、最近ではほとんどリベット接合である。

2:トラスガーダは、三角形を単位とした骨組構造の主けたと補助けたを組み合わせたガーダである。

3:ボックスガーダは、その断面のみで水平力を支えることができる。

4:橋形クレーンのガーダや脚には、一般に鋼板、形鋼などが使用され、溶接又はボルト等によって組み立てられている。

5:天井クレーンのサドルは、ガーダを支え、走行のための車輪を備えた構造物である。

解答と解説

H20前期-問4

クレーンのトロリ又は作動装置に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:容量の異なる二つの巻上装置があるとき、一般に定格荷重の大きい方を主巻、小さい方を補巻と呼ぶ。

2:クラブトロリは、トロリフレーム上に巻上装置と横行装置を備え、2本のレール上を自走するトロリである。

3:マントロリは、トロリに運転室が取り付けられた構造で、荷とともに昇降するトロリである。

4:ワイヤロープ式のホイストには、サスペンション式とトップランニング式とがある。

5:ロープトロリは、つり具をつり下げた台車を、ガーダ上などに設置した巻上装置と横行装置によりロープを介して操作する構造である。

解答と解説

H20前期-問5

ワイヤロープの径の測り方として、正しいものは次のうちどれか。

1:A図のようにして、同一断面において2方向からノギスで測定しその最大値をとる。

2:B図のようにして、同一断面において3方向からノギスで測定しその平均値をとる。

3:A図のようにして、同一断面において3方向からノギスで測定しその平均値をとる。

4:B図のようにして、同一断面において3方向からノギスで測定しその最小値をとる。

5:B図のようにして、同一断面において2方向からノギスで測定しその最大値をとる。

解答と解説

H20前期-問6

クレーンの機械要素等に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:フランジ形固定軸継手は、ボルトのせん断力で力を伝達する。

2:割形軸継手は、二つの軸が一直線上にない場合は使用できない。

3:フランジ形たわみ軸継手は、電動機と減速装置の連結に用いられるが、ブレーキドラム兼用としている場合もある。

4:リーマボルトは、ボルト径が穴径よりわずかに大きく取付け精度はよいが、横方向にせん断力を受けるため大きな力には耐えられない。

5:歯車形軸継手は、外筒の内歯車と内筒の外歯車がかみ合う構造で、外歯車にはクラウニングが施してあるため、二つの軸が一直線上になく、ずれや傾きがあっても円滑に動力を伝えることができる。

解答と解説

H20前期-問7

クレーンの安全装置に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:直働式以外の方式の巻過防止装置に使われるリミットスイッチには、ねじ形とカム形がある。

2:クレーンの運転者が周囲の作業者等の注意を喚起するため必要に応じて警報を鳴らす装置としては、足踏み式又は押しボタン式のブザー、サイレン等がある。

3:同一ランウェイ上に2台のクレーンが設置されている場合の衝突防止装置としては、リミットスイッチ式、光式又は超音波式のものがある。

4:ねじ形リミットスイッチによる巻過防止装置は、巻上げ過ぎ及び巻下げ過ぎの両方の位置制限を1個のリミットスイッチで行うことができる。

5:逸走防止装置は、バッファともいい、屋外に設置された走行クレーンが風により流されることを防止するために設ける装置である。

解答と解説

H20前期-問8

クレーンのブレーキに関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:電動油圧押上機ブレーキは、電動ポンプにより発生する油圧によって押上力を得て制動力を解除する。

2:電磁ディスクブレーキは、電磁石に電流を通じると制動力が解除されるもので、ホイストの巻上げ装置等に用いられる。

3:足踏み油圧式ディスクブレーキは、天井クレーンの走行用やジブクレーンの旋回用に用いられる。

4:電磁バンドブレーキは、バンドが鋳鉄製で、内側にブレーキライニングが取り付けられており、電流を絶つとおもりによってバンドがドラムを締め付けて制動する。

5:ドラム形電磁ブレーキでは、ブレーキライニングとドラムのすき間の調整が不適正な場合には、ブレーキドラムの過熱の原因となる。

解答と解説

H20前期-問9

クレーンの運転時の注意事項等として、誤っているものは次のうちどれか。

1:安全装置は、故障することもあるので、安全装置に頼りきった運転をしないようにする。

2:無線操作式クレーンの運転では、運転者、玉掛け作業者等に機上操作か無線操作か一目でわかるように運転操作方式を表示するランプを、クレーン本体の目立つ位置に取り付ける。

3:荷をつったままの状態で待機する場合は、作業通路や作業場の上を避けた位置にクレーンを止める。

4:天井クレーンを運転する場合、荷振れの防止のため、つり荷が重いほどゆっくり加速・減速をする。

5:荷振れによるつり荷の落下等を防ぐため、地切りから走行の定格速度に達した後、しばらくはインチング運転をくり返して行うようにする。

解答と解説

H20前期-問10

クレーンの給油、点検、保守に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:点検に際しては、クレーンの電源を切り、また、必要に応じてトロリ線へ給電するための開閉器を切り、「通電禁止」等の表示をする。

2:クレーンの点検は一般に高所作業であり、点検用工具類の落下を防止する措置を講じる。

3:転がり軸受の給油にグリースを用いた場合には、毎日1回程度給油する。

4:減速機箱に収めた歯車へ油浴式で給油する方式の潤滑油は、油量、変質等について定期的に点検し、劣化しているときは、新しい油と交換する。

5:点検作業中は、クレーンの下に縄張りをし、関係者以外の者の立入りを禁止する。

解答と解説

スポンサーリンク

Home > H20前期問題と解答・解説 > クレーン及びデリック

Page Top

© 2011-2017 過去問.com