Home > H26前期問題と解答・解説 > 燃料及び燃焼(21~30)

スポンサーリンク

燃料及び燃焼(21~30)

H26前期-問21

次の文中の[  ]内に入れるAからCの語句の組合せとして、正しいものは1~5のうちどれか。

「燃料の工業分析は、[ A ]を気乾試料として水分、灰分及び[ B ]を測定し、残りを[ C ]として質量(%)で表す。」

1:A=固体燃料 B=揮発分 C=固定炭素

2:A=固体燃料 B=炭素分 C=硫黄分

3:A=液体燃料 B=揮発分 C=硫黄分

4:A=液体燃料 B=窒素分 C=揮発分

5:A=気体燃料 B=炭化水素 C=炭素分

解答と解説

H26前期-問22

ボイラーにおける気体燃料の燃焼の特徴として、誤っているものは次のうちどれか。

1:燃焼させるうえで、液体燃料のような微粒化や蒸発のプロセスが不要である。

2:空気との混合状態を比較的自由に設定でき、火炎の広がり、長さなどの火炎の調節が容易である。

3:安定な燃焼が得られ、点火、消火が容易で自動化しやすい。

4:重油のような燃料加熱、霧化媒体の高圧空気又は蒸気が不要である。

5:ガス火炎は、油火炎に比べて、火炉での放射伝熱量が多く、接触伝熱面での伝熱量が少ない。

解答と解説

H26前期-問23

ボイラーにおける石炭燃焼と比較した重油燃焼の特徴として、誤っているものは次のうちどれか。

1:少ない過剰空気で、完全燃焼させることができる。

2:ボイラーの負荷変動に対して、応答性が優れている。

3:燃焼温度が高いため、ボイラーの局部過熱及び炉壁の損傷を起こしやすい。

4:油の漏れ込み、点火操作などに注意しないと炉内ガス爆発を起こすおそれがある。

5:すす、ダストの発生が多い。

解答と解説

H26前期-問24

ボイラー用気体燃料について、誤っているものは次のうちどれか。

1:液化天然ガス(LNG)は、天然ガスを産地で精製後、-162℃に冷却し液化したものである。

2:都市ガスは、液体燃料に比べ、NOxやCO2の排出量が少なく、SOxは排出しない。

3:気体燃料は、石炭や液体燃料に比べ、成分中の炭素に対する水素の比率が高い。

4:液化天然ガス(LNG)は、都市ガスに比べ、発熱量が小さい。

5:特定のエリアや工場で使用される気体燃料として、製鉄所や石油工場の副生ガスがある。

解答と解説

H26前期-問25

ボイラーの燃焼における一次空気及び二次空気について、誤っているものは次のうちどれか。

1:油・ガスだき燃焼における一次空気は、噴射された燃料の周辺に供給され、初期燃焼を安定させる。

2:油・ガスだき燃焼における二次空気は、旋回又は交差流によって燃料と空気の混合を良好にして、燃焼を完結させる。

3:微粉炭バーナ燃焼における二次空気は、微粉炭と予混合してバーナに送入される。

4:火格子燃焼における一次空気は、一般の上向き通風では火格子から燃料層を通して送入される。

5:火格子燃焼における二次空気は、燃料層上の可燃ガスの火炎中に送入される。

解答と解説

H26前期-問26

次の文中の[  ]内に入れるAからCの語句の組合せとして、正しいものは1~5のうちどれか。

「ガンタイプオイルバーナは、[ A ]と[ B ]式バーナとを組み合わせたもので、燃焼量の調節範囲が[ C ]、オンオフ動作によって自動制御を行っているものが多い。」

1:A=ファン B=圧力噴霧 C=狭く

2:A=ファン B=圧力噴霧 C=広く

3:A=ノズルチップ B=蒸気噴霧 C=狭く

4:A=ノズルチップ B=蒸気噴霧 C=広く

5:A=アトマイザ B=圧力噴霧 C=広く

解答と解説

H26前期-問27

重油の性質について、誤っているものは次のうちどれか。

1:重油の密度は、温度が上昇すると減少する。

2:密度の小さい重油は、密度の大きい重油より一般に引火点が高い。

3:重油の比熱は、温度及び密度によって変わる。

4:重油の粘度は、温度が上昇すると低くなる。

5:A重油は、C重油より単位質量当たりの発熱量が大きい。

解答と解説

H26前期-問28

ボイラーの燃料の燃焼により発生する大気汚染物質について、誤っているものは次のうちどれか。

1:排ガス中のSOxは、大部分がSO2である。

2:排ガス中のNOxは、大部分がNO2である。

3:燃焼により発生するNOxには、サーマルNOxとフューエルNOxがある。

4:フューエルNOxは、燃料中の窒素化合物から酸化によって生じる。

5:燃料を燃焼させる際に発生する固体微粒子には、すすとダストがある。

解答と解説

H26前期-問29

ボイラーの通風について、誤っているものは次のうちどれか。

1:炉及び煙道を通して起こる空気及び燃焼ガスの流れを通風という。

2:煙突によって生じる自然通風力は、煙突の高さが高いほど大きくなる。

3:押込通風は、平衡通風より大きな動力を要し、気密が不十分であると、燃焼ガスが外部へ漏れ、ボイラー効率が低下する。

4:誘引通風は、比較的高温で体積の大きな燃焼ガスを取り扱うので、大型のファンを要する。

5:平衡通風は、燃料調節が容易で、通風抵抗の大きなボイラーでも強い通風力が得られる。

解答と解説

H26前期-問30

ボイラーの燃料の燃焼により発生するNOxの抑制措置として、誤っているものは次のうちどれか。

1:燃焼域での酸素濃度を低くする。

2:燃焼温度を低くし、特に局所的高温域が生じないようにする。

3:高温燃焼域における燃焼ガスの滞留時間を長くする。

4:窒素酸化物の少ない燃料を使用する。

5:濃淡燃焼法によって燃焼させる。

解答と解説

スポンサーリンク

Home > H26前期問題と解答・解説 > 燃料及び燃焼(21~30)

Page Top

© 2011-2017 過去問.com