Home > H24後期問題と解答・解説 > 燃料及び燃焼(21~30)

スポンサーリンク

燃料及び燃焼(21~30)

H24後期-問21

次の文中の[  ]内に入れるA、B及びCの語句の組合せとして、正しいものは1~5のうちどれか。

「日本工業規格による燃料の工業分析は、[ A ]を気乾試料として水分、灰分及び[ B ]を測定し、残りを[ C ]として質量(%)で表す。」

1:A=固体燃料 B=揮発分 C=固定炭素

2:A=固体燃料 B=炭素分 C=硫黄分

3:A=液体燃料 B=揮発分 C=硫黄分

4:A=気体燃料 B=窒素分 C=発熱量

5:A=気体燃料 B=炭化水素 C=発熱量

解答と解説

H24後期-問22

重油中に含まれる水分及びスラッジによる障害について、誤っているものは次のうちどれか。

1:水分が多いと、熱損失を招く。

2:水分が多いと、いきづき燃焼を起こす。

3:水分が多いと、油管内でベーパロックを起こす。

4:スラッジは、弁、ろ過器、バーナチップなどを閉そくさせる。

5:スラッジは、ポンプ、流量計、バーナチップなどを摩耗させる。

解答と解説

H24後期-問23

気体燃料について、誤っているものは次のうちどれか。

1:気体燃料は、石炭や液体燃料に比べ、成分中の炭素に対する水素の比率が高い。

2:都市ガスは、一般に天然ガスを原料としている。

3:都市ガスは、液体燃料に比べ、NOx、CO2の排出量が少なく、SOxは排出しない。

4:液化石油ガスは、空気より軽く、都市ガスに比べ発熱量が小さい。

5:液体燃料ボイラーのパイロットバーナの燃料は、液化石油ガスを使用することが多い。

解答と解説

H24後期-問24

ボイラーにおける石炭燃焼と比較した重油燃焼の特徴として、誤っているものは次のうちどれか。

1:少ない過剰空気で、完全燃焼させることができる。

2:ボイラーの負荷変動に対して、応答性が優れている。

3:燃焼温度が低いため、ボイラーの局部過熱及び炉壁の損傷を起こしにくい。

4:急着火、急停止の操作が容易である。

5:すす、ダストの発生が少ない。

解答と解説

H24後期-問25

ボイラーにおける液体燃料の供給装置について、誤っているものは次のうちどれか。

1:燃料油タンクは、地下に設置する場合と地上に設置する場合とがある。

2:燃料油タンクは、用途により貯蔵タンクとサービスタンクに分類される。

3:サービスタンクの貯油量は、一般に最大燃焼量の24時間分以上とする。

4:油ストレーナは、油中の土砂、鉄さび、ごみなどの固形物を除去するものである。

5:油加熱器は、燃料油を加熱し、燃料油の噴霧に最適な粘度を得る装置である。

解答と解説

H24後期-問26

次の文中の[  ]内に入れるA、B及びCの語句の組合せとして、正しいものは1~5のうちどれか。

「ガンタイプオイルバーナは、[ A ]と[ B ]式バーナとを組み合わせたもので、燃焼量の調整範囲が[ C ]、オンオフ動作によって自動制御を行っているものが多い。」

1:A=ファン B=圧力噴霧 C=狭く

2:A=ファン B=圧力噴霧 C=広く

3:A=ノズルチップ B=蒸気噴霧 C=狭く

4:A=ノズルチップ B=蒸気噴霧 C=広く

5:A=アトマイザ B=圧力噴霧 C=広く

解答と解説

H24後期-問27

ボイラーにおける気体燃料の燃焼の特徴として、誤っているものは次のうちどれか。

1:燃焼させるうえで、液体燃料のような微粒化や蒸発のプロセスが不要である。

2:空気との混合状態を比較的自由に設定でき、火炎の広がり、長さなどの火炎の調節が容易である。

3:安定な燃焼が得られ、点火、消火が容易で自動化しやすい。

4:重油のような燃料加熱、霧化媒体の高圧空気又は蒸気が不要である。

5:ガス火炎は、油火炎より、放射伝熱量が多く、対流伝熱量が少ない。

解答と解説

H24後期-問28

ボイラーにおける石炭燃料の流動層燃焼方式の特徴として、誤っているものは次のうちどれか。

1:低質な燃料でも使用できる。

2:層内に石灰石を送入することにより、炉内脱硫ができる。

3:層内での伝熱性能が良いので、ボイラーの伝熱面積を小さくできる。

4:高温燃焼のため、ばいじんの排出量が少ない。

5:微粉炭だきに比べ、石炭粒径が大きく、粉砕動力が軽減される。

解答と解説

H24後期-問29

ボイラーの燃焼における一次空気及び二次空気について、誤っているものは次のうちどれか。

1:油・ガスだき燃焼における一次空気は、噴射された燃料近傍に供給され、初期燃焼を安定させる。

2:油・ガスだき燃焼における二次空気は、旋回又は軸流によって燃料と空気の混合を良好にして、燃焼を完結させる。

3:火格子燃焼における一次空気は、上向き通風では火格子から燃料層を通して送入される。

4:火格子燃焼における二次空気は、上向き通風では燃料層上の可燃ガスの火炎中に送入される。

5:微粉炭バーナ燃焼における二次空気は、微粉炭と予混合してバーナに送入される。

解答と解説

H24後期-問30

ボイラーの人工通風に用いられるファンについて、誤っているものは次のうちどれか。

1:多翼形ファンは、羽根車の外周近くに、浅く幅長で前向きの羽根を多数設けたもので、風圧が0.15~2kPaである。

2:多翼形ファンは、小形、軽量で効率が高く、小さな動力で足りる。

3:後向き形ファンは、羽根車の主板及び側板の間に8~24枚の後向きの羽根を設けたもので、風圧が2~8kPaである。

4:後向き形ファンは、高温、高圧、大容量のものに適する。

5:ラジアル形ファンは、強度が高く、摩耗、腐食に強い。

解答と解説

スポンサーリンク

Home > H24後期問題と解答・解説 > 燃料及び燃焼(21~30)

Page Top

© 2011-2017 過去問.com