Home > 2級ボイラー技士とは

スポンサーリンク

2級ボイラー技士とは

2級ボイラー技士

■労働安全衛生法に基づく国家資格(免許)。
■ボイラー(小規模・小型ボイラーを除く。)は、ボイラー技士の免許を受けた者でなければ、取り扱うことができない。
■2級ボイラー技士は、伝熱面積の合計が25m2未満のボイラー取扱作業主任者となることができる。

2級ボイラー技士試験

■試験を実施しているのは、財団法人 安全衛生技術試験協会。
■試験は、ボイラーの構造に関する知識、ボイラーの取扱いに関する知識、燃料及び燃焼に関する知識、関係法令の4科目。
■出題形式は、5肢択一式。
■合格率は、53.7%(平成24年度統計)。

ボイラー実技講習

■ボイラー取扱いの実務経験を有しない者が2級ボイラー技士試験を受験する場合には、ボイラー実技講習を受講する必要がある。
■社団法人 日本ボイラ協会の都道府県支部ごとに定期的に実施されている。

スポンサーリンク

Home > 2級ボイラー技士とは

Page Top

© 2011-2017 過去問.com