Home > 原動機及び電気 > R3後期-問25

R3後期-問25

クレーンの給電装置及び配線に関する記述として、適切でないものは次のうちどれか。

1:イヤー式のトロリ線給電は、イヤーでトロリ線をつり下げ、パンタグラフを用いて集電子をトロリ線に押し付けて集電する方式である。

2:キャブタイヤケーブル給電は、充電部が露出している部分が多いので、感電の危険性が高い。

3:パンタグラフのホイール式やシュー式の集電子の材質には、砲金、カーボン、特殊合金などが用いられる。

4:スリップリングの機構には、集電ブラシがリング面上を摺動して集電するものがある。

5:内部配線は、一般に、絶縁電線を金属管などの電線管又は金属ダクト内に収め、外部からの損傷を防いでいる。

答:2

1:正しい。イヤー式のトロリ線給電は、イヤーでトロリ線をつり下げ、パンタグラフを用いて集電子をトロリ線に押し付けて集電する方式である。

2:誤り。キャブタイヤケーブル給電は、露出した充電部がなく、安全性が高い。

3:正しい。パンタグラフのホイール式やシュー式の集電子の材質には、砲金、カーボン、特殊合金などが用いられる。

4:正しい。スリップリングの機構には、集電ブラシがリング面上を摺動して集電するものがある。

5:正しい。内部配線は、一般に、絶縁電線を金属管などの電線管又は金属ダクト内に収め、外部からの損傷を防いでいる。

スポンサーリンク

Home > 原動機及び電気 > R3後期-問25

Page Top

© 2011-2022 過去問.com