Home > 原動機及び電気 > R3後期-問26

R3後期-問26

クレーンの電動機の制御に関する記述として、適切なものは次のうちどれか。

1:直接制御は、シーケンサーを使用するので、間接制御に比べ、自動運転や速度制御が容易である。

2:容量の大きな電動機では、間接制御は、回路の開閉が困難になり使用できないため、直接制御が採用される。

3:ゼロノッチインターロックは、各制御器のハンドルが停止位置にあるときは、主電磁接触器を投入できないようにしたものである。

4:コースチングノッチは、制御器の第1ノッチとして設けられ、ブレーキにのみ通電してブレーキを緩めるようになっているノッチである。

5:かご形三相誘導電動機の一次側を直接制御し、二次側を電磁接触器で制御する方式を半間接制御という。

答:4

1:誤り。間接制御は、シーケンサーを使用することで、直接制御に比べ、自動運転や速度制御が容易に行える。

2:誤り。容量の大きな電動機では、直接制御は、ハンドル操作が重くなり回路の開閉が困難になるので使用できない。

3:誤り。ゼロノッチインターロックは、各制御器のハンドルが停止位置以外にあるときは、主電磁接触器を投入できないようにしたものである。

4:正しい。コースチングノッチは、制御器の第1ノッチとして設けられ、ブレーキにのみ通電してブレーキを緩めるようになっているノッチである。

5:誤り。半間接制御は、巻線形三相誘導電動機の一次側を電磁接触器で制御し、二次側を直接制御器で制御する方式である。

スポンサーリンク

Home > 原動機及び電気 > R3後期-問26

Page Top

© 2011-2022 過去問.com