Home > H20後期問題と解答・解説 > 関係法令

スポンサーリンク

関係法令

H20後期-問11

定格荷重が100tのクレーンの落成検査等に関し、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

1:落成検査を受けようとする者は、クレーン落成検査申請書を所轄労働基準監督署長に提出しなければならない。

2:橋形クレーンの落成検査における荷重試験は、定格荷重の1.25倍に相当する荷重の荷をつって行われる。

3:天井クレーンの落成検査を受ける者は、安定度試験のため定格荷重の1.27倍に相当する荷重の荷及び玉掛用具を準備しなければならない。

4:落成検査を受ける者は、検査に必要な場合に安全装置を分解するように命じられることがある。

5:クレーン検査証を有するクレーンを設置している者に異動があったときは、異動後10日以内に、検査証の書替えを受けなければならない。

解答と解説

H20後期-問12

屋内に設置する走行クレーンと建設物との間隔等に関し、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

1:クレーンガーダに歩道を設けたクレーンでは、クレーンの最高部(集電装置の部分を除く。)とその上方にあるはり等との間隔は、0.4m以上としなければならない。

2:クレーンガーダの歩道(天がいのないもの)とその上方にあるはり等との間隔は、1.5m以上としなければならない。

3:クレーンと建設物との間に設ける歩道の幅は、柱に接する部分を除き0.6m以上としなければならない。

4:クレーンと建設物との間に設ける歩道のうち、柱に接する部分の幅は、0.4m以上としなければならない。

5:クレーンの運転台の端とその運転台に通ずる歩道の端との間隔は、原則として0.3m以下としなければならない。

解答と解説

H20後期-問13

クレーンの運転又は玉掛けの業務に関し、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

1:クレーンの運転の業務に係る特別の教育を受けただけの者は、つり上げ荷重5tの床上運転式クレーンの運転業務に就くことができない。

2:床上運転式クレーンに限定したクレーン・デリック運転士免許を受けた者は、つり上げ荷重16tの床上運転式クレーンの運転の業務に就くことができる。

3:床上操作式クレーン運転技能講習を修了した者は、つり上げ荷重4tの天井クレーンの運転業務に就くことができる。

4:限定なしのクレーン・デリック運転士免許を受けた者は、つり上げ荷重4tの床上操作式クレーンの玉掛け業務に就くことができる。

5:クレーンに限定したクレーン・デリック運転士免許を受けた者は、つり上げ荷重5tの跨線テルハの運転の業務に就くことができる。

解答と解説

H20後期-問14

クレーンの使用に関し、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

1:クレーンを用いて作業を行うときは、クレーンの運転者及び玉掛けをする者が当該クレーンの定格荷重を常時知ることができるよう、表示等の措置を講じなければならない。

2:クレーンの運転者は、荷をつったままで運転位置を離れてはならない。

3:クレーンの直働式以外の巻過防止装置は、つり具等の上面とドラム等の下面との間隔が0.25m以上になるように調整しておかなければならない。

4:油圧式のクレーンの安全弁は、つり上げ荷重に相当する荷重をかけたときの油圧で作用するよう調整しておかなければならない。

5:クレーンの運転者は、臨時に安全装置の機能を失わせる必要があるときは、あらかじめ事業者の許可を受けなければならない。

解答と解説

H20後期-問15

クレーンの玉掛用具として、法令上、使用することが禁止されていないものは、次のうちどれか。

1:エンドレスでないつりチェーンで、その両端にフック、シャックル、リング又はアイを備えているもの

2:公称径が16mmのワイヤロープで、直径が14mmに減少しているもの

3:キンクしているワイヤロープ

4:安全係数が4のフック

5:構成6×37のワイヤロープで、ワイヤロープ1よりの間に23本の素線が切断しているもの

解答と解説

H20後期-問16

クレーンの合図、立入禁止の措置等に関し、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

1:事業者は、複数の労働者でクレーンを用いて作業を行うときは、合図を行う者を指名しなければならない。

2:事業者は、クレーン運転者が単独で作業を行うときは、合図を定めなくてもよい。

3:事業者は、動力下降以外の方法によって荷を下降させるときは、つり荷の下に労働者を立ち入らせてもよい。

4:事業者は、ハッカーを用いて玉掛けをした荷がつり上げられているときは、つり荷の下に労働者を立ち入らせてはならない。

5:事業者は、原則として、クレーンにより労働者をつり上げて作業させてはならない。

解答と解説

H20後期-問17

クレーン・デリック運転士免許に関し、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

1:つり上げ荷重が10tの無線操作式クレーンの運転の業務に従事するときは、免許証を携帯しなければならない。

2:クレーンの運転の業務に就こうとする者が、免許証を損傷したときは、免許証の再交付を受けなければならない。

3:免許証を他人に譲渡又は貸与したときは、免許の取消し又は6月以下の免許の効力の停止を受けることがある。

4:免許を取り消された日から2年間は、免許を受けることはできない。

5:クレーンの運転の業務に就こうとする者が、本籍を変更したときは、免許証の書替えを受けなければならない。

解答と解説

H20後期-問18

事業者は、クレーンの組立て又は解体の作業を行うときは、法令上、作業指揮者を選任して、一定の事項を行わせなければならないとされているが、この一定の事項に含まれないものは次のうちどれか。

1:作業を指揮すること。

2:作業中、安全帯等の使用状況を監視すること。

3:作業中、保護帽の使用状況を監視すること。

4:工具の機能を点検し、不良品を取り除くこと。

5:落成検査の準備をすること。

解答と解説

H20後期-問19

クレーンの定期自主検査又は作業開始前の点検に関し、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

1:1年以内ごとに1回行う定期自主検査の実施日の後2月以内にクレーン検査証の有効期間が満了するクレーンについては、定期自主検査の荷重試験を行わなくてもよい。

2:1月以内ごとに1回行う定期自主検査においては、つり具の損傷の有無についても、検査を行わなければならない。

3:作業開始前の点検においては、配線の異常の有無についても、点検を行わなければならない。

4:定期自主検査又は作業開始前の点検を行い、異常を認めたときは、直ちに補修しなければならない。

5:作業開始前の点検の記録は、3年間保存しなくてもよい。

解答と解説

H20後期-問20

つり上げ荷重が10tのクレーンの性能検査又は変更検査に関し、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

1:性能検査は、原則として登録性能検査機関が行う。

2:性能検査では、クレーンの各部分の構造及び機能について点検が行われるほか、荷重試験が行われる。

3:性能検査における荷重試験では、つり上げ荷重に相当する荷重の荷をつって、つり上げ、走行、旋回、トロリの横行等の作動が行われる。

4:所轄労働基準監督署長が変更検査の必要がないと認めたクレーンについては、検査が省略され、クレーン検査証にはその旨が裏書される。

5:変更検査に合格したクレーンについては、クレーン検査証に検査期日、変更部分及び検査結果について裏書が行われる。

解答と解説

スポンサーリンク

Home > H20後期問題と解答・解説 > 関係法令

Page Top

© 2011-2017 過去問.com