Home > H20前期問題と解答・解説 > 力学

スポンサーリンク

力学

H20前期-問31

力に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:力の大きさ、力の向き、力の作用点を力の三要素という。

2:二つの力が一直線上に作用するときは、その合力はそれらの力の積で求められる。

3:物体の1点に二つ以上の力が働いているとき、その二つ以上の力をそれと同じ効果をもつ一つの力にまとめることができる。

4:作用と反作用とは、同じ直線上で作用し、大きさが等しく、向きが反対である。

5:力のモーメントの大きさは、力の大きさが同じであれば腕の長さに比例する。

解答と解説

H20前期-問32

ジブクレーンで荷をつり上げて、徐々にジブを起こした場合に、起こしの前後におけるワイヤロープにかかる張力について、次のうち正しいものはどれか。

1:巻上げ用ワイヤロープ及び起伏用ワイヤロープにかかる張力はともに変わらない。

2:巻上げ用ワイヤロープにかかる張力は小さくなる。

3:巻上げ用ワイヤロープにかかる張力は大きくなる。

4:起伏用ワイヤロープにかかる張力は小さくなる。

5:起伏用ワイヤロープにかかる張力は大きくなる。

解答と解説

H20前期-問33

物体の質量、又は比重に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:鉛1m3の質量は、およそ22.8tである。

2:物体の体積をV、その物体の単位体積当たりの質量をdとすれば、その物体の質量Wは、W=V×dで求められる。

3:鋼の比重は、およそ7.8である。

4:形状が立方体で材質が同じ物体では、一辺の長さが2倍になると質量は8倍になる。

5:アルミニウム1m3の質量と水2.7m3の質量はほぼ同じである。

解答と解説

H20前期-問34

物体の重心に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:直方体の物体の置き方を変えた場合、重心の位置が高くなるほど安定は悪くなる。

2:複雑な形状の物体の重心は、二つ以上になる場合がある。

3:物体の置き方を変えても、物体内での重心の位置は変わらない。

4:物体を構成する各部分には、それぞれ重力が作用しており、それらの合力の作用点を重心という。

5:物体を少し傾けた場合に、重心を通る鉛直線が物体の底面を通るときは物体は倒れない。

解答と解説

H20前期-問35

物体の運動等に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:等速運動とは、速さが変わらず、どの時間をとっても同じ速さである運動をいう。

2:物体が円運動を行っているとき、遠心力は、向心力に対して、力の大きさが等しく、方向が反対である。

3:運動している物体の単位時間における速度の変化の程度を示す量を加速度という。

4:静止している物体は、外部から力が作用しなければ永久に静止の状態を続けようとする性質がある。

5:運動をしている物体の運動の方向を変えるのに要する力は、物体が重いほど小さくなる。

解答と解説

H20前期-問36

摩擦力に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:静止している物体が他の物体との接触面に沿った力を受けるとき、接触面に働く抵抗を静止摩擦力という。

2:物体に働く運動摩擦力は、最大静止摩擦力より小さい。

3:運動摩擦力の大きさは、垂直力と接触面積の大きさに比例する。

4:最大静止摩擦力は、物体の質量や接触面の状態に関係がある。

5:円柱状の物体を転がす場合と引きずる場合を比べると、物体に働く転がり摩擦力は滑り摩擦力より小さい。

解答と解説

H20前期-問37

荷重に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:起伏するジブクレーンのジブには、圧縮荷重と曲げ荷重がかかる。

2:つり荷を急激につり上げると、ワイヤロープには衝撃荷重がかかる。

3:クレーンのフックには、引張荷重と曲げ荷重がかかる。

4:荷をつり上げて静止した状態のように、力の大きさと向きが変わらないものを静荷重という。

5:一箇所又は非常に狭い面積に作用する荷重を分布荷重という。

解答と解説

H20前期-問38

材料(軟鋼)やつり具の強さ、応力に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:材料に荷重をかけると荷重に応じて変形が生ずるが、荷重がごく小さい間は荷重を取り除くと元の形に戻る。

2:安全な静荷重より小さな動荷重であっても、くり返し負荷すると、疲労破壊によって材料が破壊することがある。

3:材料に荷重をかけると、材料の内部には応力が生ずる。

4:引張応力は、材料に作用する引張荷重を材料の表面積で割って求められる。

5:フック等のつり具の安全係数の値は、つり具の種類、形状、材質、使用方法等を総合的に考慮して定められている。

解答と解説

H20前期-問39

図のように質量30tの荷を、4本の玉掛け用ワイヤロープを用いてつり角度60°でつるとき、使用することができる最小径のワイヤロープは、次のうちどれか。
ただし、4本のワイヤロープには均等に荷重がかかるものとし、また、ワイヤロープの切断荷重は、それぞれに記載したとおりとする。

1:ワイヤロープの直径(mm)=28 切断荷重(kN)=416

2:ワイヤロープの直径(mm)=30 切断荷重(kN)=478

3:ワイヤロープの直径(mm)=32 切断荷重(kN)=544

4:ワイヤロープの直径(mm)=36 切断荷重(kN)=688

5:ワイヤロープの直径(mm)=40 切断荷重(kN)=850

解答と解説

H20前期-問40

図のような組合せ滑車を用いて、質量Wの荷をつり上げ支えるとき、ロープにかける張力Fとして、誤っているものは次のうちどれか。
ただし、gは重力の加速度とし、滑車、ワイヤロープの質量、摩擦等は考えないものとする。

1:

2:

3:

4:

5:

解答と解説

スポンサーリンク

Home > H20前期問題と解答・解説 > 力学

Page Top

© 2011-2017 過去問.com