Home > R3後期問題と解答・解説 > 労働衛生(有害業務)

スポンサーリンク

労働衛生(有害業務)

R3後期-問11

化学物質等による疾病のリスクの低減措置を検討する場合、次のアからエの対策について、優先度の高い順に並べたものは1~5のうちどれか。

ア 化学反応のプロセス等の運転条件の変更

イ 作業手順の改善

ウ 化学物質等に係る機械設備等の密閉化

エ 化学物質等の有害性に応じた有効な保護具の使用

1:ア‐ウ‐イ‐エ

2:ア‐エ‐ウ‐イ

3:イ‐ア‐ウ‐エ

4:ウ‐ア‐イ‐エ

5:ウ‐ア‐エ‐イ

解答と解説

R3後期-問12

厚生労働省の「作業環境測定基準」及び「作業環境評価基準」に基づく作業環境測定及びその結果の評価に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1:A測定における測定点の高さの範囲は、床上100㎝以上150㎝以下である。

2:許容濃度は、有害物質に関する作業環境の状態を単位作業場所の作業環境測定結果から評価するための指標として設定されたものである。

3:A測定の第二評価値とは、単位作業場所における気中有害物質の算術平均濃度の推定値である。

4:A測定の第二評価値及びB測定の測定値がいずれも管理濃度に満たない単位作業場所は、第一管理区分になる。

5:A測定においては、得られた測定値の算術平均値及び算術標準偏差を、また、B測定においてはその測定値そのものを評価に用いる。

解答と解説

R3後期-問13

一酸化炭素に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:一酸化炭素は、無色・無臭の気体であるため、吸入しても気が付かないことが多い。

2:一酸化炭素は、エンジンの排気ガス、たばこの煙などに含まれる。

3:一酸化炭素中毒は、血液中のグロブリンと一酸化炭素が強く結合し、体内の各組織が酸素欠乏状態を起こすことにより発生する。

4:一酸化炭素は、炭素を含有する物が不完全燃焼した際に発生する。

5:一酸化炭素中毒の後遺症として、健忘やパーキンソン症状がみられることがある。

解答と解説

R3後期-問14

有機溶剤に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1:有機溶剤の多くは、揮発性が高く、その蒸気は空気より軽い。

2:有機溶剤は、全て脂溶性を有するが、脳などの神経系には入りにくい。

3:メタノールによる障害として顕著なものには、網膜の微細動脈瘤を伴う脳血管障害がある。

4:テトラクロロエチレンのばく露の生物学的モニタリングの指標としての尿中代謝物には、トリクロロ酢酸がある。

5:二硫化炭素による中毒では、メトヘモグロビン形成によるチアノーゼがみられる。

解答と解説

R3後期-問15

粉じん(ヒュームを含む。)による健康障害に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:じん肺は、粉じんを吸入することによって肺に生じた線維増殖性変化を主体とする疾病である。

2:鉱物性粉じんに含まれる遊離けい酸(SiO2)は、石灰化を伴う胸膜肥厚や胸膜中皮腫を生じさせるという特徴がある。

3:じん肺は、肺結核のほか、続発性気管支炎、続発性気胸、原発性肺がんなどを合併することがある。

4:溶接工肺は、溶接の際に発生する酸化鉄ヒュームのばく露によって発症するじん肺である。

5:アルミニウムやその化合物によるじん肺は、アルミニウム肺と呼ばれている。

解答と解説

R3後期-問16

作業環境における有害要因による健康障害に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1:全身振動障害では、レイノー現象などの末梢循環障害や手指のしびれ感などの末梢神経障害がみられ、局所振動障害では、関節痛などの筋骨格系障害がみられる。

2:減圧症は、潜函作業者、潜水作業者などに発症するもので、高圧下作業からの減圧に伴い、血液中や組織中に溶け込んでいた窒素の気泡化が関与して発生し、皮膚のかゆみ、関節痛、神経の麻痺などの症状がみられる。

3:凍瘡は、皮膚組織の凍結壊死を伴うしもやけのことで、0℃以下の寒冷にばく露することによって発生する。

4:電離放射線による中枢神経系障害は、確率的影響に分類され、被ばく線量がしきい値を超えると発生率及び重症度が線量の増加に応じて増加する。

5:金属熱は、金属の溶融作業において、高温環境により体温調節中枢が麻痺ひすることにより発生し、長期間にわたる発熱、関節痛などの症状がみられる。

解答と解説

R3後期-問17

労働衛生対策を進めていくに当たっては、作業環境管理、作業管理及び健康管理が必要であるが、次のAからEの対策例について、作業環境管理に該当するものの組合せは1~5のうちどれか。

A 粉じん作業を行う場所に設置した局所排気装置のフード付近の気流の風速を測定する。

B アーク溶接作業を行う労働者に防じんマスクなどの保護具を使用させることによって、有害物質に対するばく露量を低減する。

C 鉛健康診断の結果、鉛業務に従事することが健康の保持のために適当でないと医師が認めた者を配置転換する。

D 放射線業務において、管理区域を設定し、必要のある者以外の者を立入禁止とする。

E 有機溶剤を使用する塗装方法を、有害性の低い水性塗料の塗装に変更する。

1:A、D

2:A、E

3:B、C

4:B、D

5:C、E

解答と解説

R3後期-問18

局所排気装置に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1:ダクトの形状には円形、角形などがあり、その断面積を大きくするほど、ダクトの圧力損失が増大する。

2:フード開口部の周囲にフランジがあると、フランジがないときに比べ、気流の整流作用が増すため、大きな排風量が必要となる。

3:スロット型フードは、発生源からの飛散速度を利用して捕捉するもので、レシーバ式フードに分類される。

4:キャノピ型フードは、発生源からの熱による上昇気流を利用して捕捉するもので、レシーバ式フードに分類される。

5:空気清浄装置を付設する局所排気装置を設置する場合、排風機は、一般に、フードに接続した吸引ダクトと空気清浄装置の間に設ける。

解答と解説

R3後期-問19

呼吸用保護具に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1:防毒マスクの吸収缶の色は、一酸化炭素用は黒色で、硫化水素用は黄色である。

2:防じん機能を有する防毒マスクには、吸収缶のろ過材がある部分に白線が入れてある。

3:型式検定合格標章のある防じんマスクでも、ヒュームのような微細な粒子に対しては効果がない。

4:防じんマスクの手入れの際、ろ過材に付着した粉じんは圧搾空気などで吹き飛ばして除去する。

5:直結式防毒マスクは、隔離式防毒マスクよりも有害ガスの濃度が高い大気中で使用することができる。

解答と解説

R3後期-問20

特殊健康診断に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1:有害物質による健康障害は、多くの場合、諸検査の異常などの他覚的所見より、自覚症状が先に出現するため、特殊健康診断では問診の重要性が高い。

2:特殊健康診断における生物学的モニタリングによる検査は、有害物の体内摂取量や有害物による健康影響の程度を把握するための検査である。

3:体内に取り込まれた鉛の生物学的半減期は、数時間と短いので、鉛健康診断における採尿及び採血の時期は、厳重にチェックする必要がある。

4:振動工具の取扱い業務に係る健康診断において、振動障害の有無を評価するためには、夏季における実施が適している。

5:情報機器作業に係る健康診断では、眼科学的検査などとともに、上肢及び下肢の運動機能の検査を行う。

解答と解説

スポンサーリンク

Home > R3後期問題と解答・解説 > 労働衛生(有害業務)

Page Top

© 2011-2022 過去問.com