Home > 労働衛生(有害業務) > H29後期-問12

H29後期-問12

電離放射線に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:電離放射線の被ばくによる影響には、身体的影響と遺伝的影響がある。

2:電離放射線の被ばくによる身体的影響のうち、白内障は晩発障害に分類される。

3:電離放射線の被ばくによる発がんと遺伝的影響は、確定的影響に分類される。

4:電離放射線の被ばく後、数週間程度までに現れる造血器系障害は、急性障害に分類される。

5:造血器、生殖腺、腸粘膜、皮膚など頻繁に細胞分裂している組織・臓器は、電離放射線の影響を受けやすい。

答:3

1:正しい。電離放射線の被ばくによる影響には、身体的影響と遺伝的影響がある。

2:正しい。電離放射線の被ばくによる身体的影響のうち、白内障は晩発障害に分類される。

3:誤り。電離放射線の被ばくによる発がんと遺伝的影響は、確率的影響に分類され、発生する確率が被ばく線量の増加に応じて増加する。

4:正しい。電離放射線の被ばく後、数週間程度までに現れる造血器系障害は、急性障害に分類される。

5:正しい。造血器、生殖腺、腸粘膜、皮膚など頻繁に細胞分裂している組織・臓器は、電離放射線の影響を受けやすい。

スポンサーリンク

Home > 労働衛生(有害業務) > H29後期-問12

Page Top

© 2011-2019 過去問.com