Home > ボイラーの取扱い(A11~A20) > R3前期-A-問15

R3前期-A-問15

ボイラーのばね安全弁及び逃がし弁の調整及び試験に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:調整ボルトを定められた位置に設定した後、ボイラーの圧力をゆっくり上昇させて安全弁を作動させ、吹出し圧力及び吹止まり圧力を確認する。

2:安全弁の吹出し圧力が設定圧力よりも低い場合は、一旦、ボイラーの圧力を設定圧力の80%程度まで下げ、調整ボルトを締めて、再度、試験をする。

3:過熱器用安全弁は、過熱器の焼損を防ぐため、過熱器の出口管寄せに取り付ける。

4:エコノマイザの逃がし弁(安全弁)は、必要がある場合に出口に取り付け、エコノマイザの保護のため、ボイラー本体の安全弁より低い圧力で作動するように調整する。

5:最高使用圧力の異なるボイラーが連絡している場合、各ボイラーの安全弁は、最高使用圧力の最も低いボイラーを基準に調整する。

答:4

1:正しい。調整ボルトを定められた位置に設定した後、ボイラーの圧力をゆっくり上昇させて安全弁を作動させ、吹出し圧力及び吹止まり圧力を確認する。

2:正しい。安全弁の吹出し圧力が設定圧力よりも低い場合は、一旦、ボイラーの圧力を設定圧力の80%程度まで下げ、調整ボルトを締めて、再度、試験をする。

3:正しい。過熱器用安全弁は、過熱器の焼損を防ぐため、過熱器の出口管寄せに取り付ける。

4:誤り。エコノマイザの逃がし弁(安全弁)は、必要がある場合に出口に取り付け、エコノマイザの保護のため、ボイラー本体の安全弁より高い圧力で作動するように調整する。

5:正しい。最高使用圧力の異なるボイラーが連絡している場合、各ボイラーの安全弁は、最高使用圧力の最も低いボイラーを基準に調整する。

スポンサーリンク

Home > ボイラーの取扱い(A11~A20) > R3前期-A-問15

Page Top

© 2011-2022 過去問.com