Home > H31前期問題と解答・解説 > ボイラーの取扱い(A11~A20)

スポンサーリンク

ボイラーの取扱い(A11~A20)

H31前期-A-問11

ボイラーの運転中の取扱いに関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:2個の水面計の水位を対比し、差異を認めたときは、水面計の機能試験を行う。

2:水面計の水位に全く動きがないときは、元弁が閉まっているか、又は水側連絡管に詰まりが生じている可能性があるので、直ちに水面計の機能試験を行う。

3:燃焼量を減らすときは、燃料供給量を先に減らしてから空気量を減らす。

4:炉筒煙管ボイラーの安全低水面は、煙管最高部より炉筒が高い場合には、炉筒最高部(フランジ部を除く。)から100mm上の位置とする。

5:給水ポンプ出口側の圧力計により給水圧力を監視し、ボイラーの圧力との差が減少傾向にあるときは、給水管路が詰まっている。

解答と解説

H31前期-A-問12

ボイラーにおけるキャリオーバに関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:プライミングは、蒸気負荷の急増、ドラム水位の異常な上昇時などに生じやすい。

2:ホーミングは、ボイラー水に溶解した蒸発残留物などが過度に濃縮したときや有機物が存在するときに生じやすい。

3:プライミングやホーミングが急激に生じると、水位制御装置が水位が上がったものと認識し、低水位事故を起こすおそれがある。

4:キャリオーバが生じると、ボイラー水が過熱器に入り、過熱器管路を閉塞させ、蒸気温度が過昇する。

5:キャリオーバが生じると、ウォータハンマが起こることがある。

解答と解説

H31前期-A-問13

ボイラーの重油の燃焼の異常に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:不完全燃焼による未燃ガスやすすが、燃焼室や燃焼ガス通路で燃焼することがあり、これを二次燃焼という。

2:燃焼中に、燃焼室又は煙道内で連続的な低周波のうなりを発する現象を「かまなり」という。

3:「かまなり」の原因としては、燃焼によるもの、ガスの偏流によるもの、渦によるものなどが考えられる。

4:火炎が息づく原因としては、燃料油圧や油温の変動、燃料調整弁や風量調節用ダンパのハンチングなどが考えられる。

5:火炎が長すぎる場合は、燃焼用空気の不足、燃料と燃焼用空気の撹拌不良、バーナノズル部の不良などが原因として考えられる。

解答と解説

H31前期-A-問14

ボイラー水の吹出しに関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:ボイラーの運転中にボイラー水の循環が不足気味のときは、上昇管内の気水混合物の密度を小さくし、循環を良くするため水冷壁の吹出しを行う。

2:炉筒煙管ボイラーの吹出しは、ボイラーを運転する前、運転を停止したとき又は燃焼負荷が低いときに行う。

3:吹出し弁又はコックを操作する者が水面計の水位を直接見ることができない場合は、水面計の監視者と共同で合図しながら吹出しを行う。

4:鋳鉄製蒸気ボイラーの吹出しは、燃焼をしばらく停止してボイラー水の一部を入れ替えるときに行う。

5:直列に設けられている2個の吹出し弁を閉じるときは、漸開弁を先に操作する。

解答と解説

H31前期-A-問15

ボイラーに給水するディフューザポンプの取扱いに関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:メカニカルシール式の軸については、運転中少量の水が連続して滴下する程度にパッキンが締まっていて、締め代が残っていることを確認する。

2:運転前に、ポンプ内及びポンプ前後の配管内の空気を十分に抜く。

3:起動するときは、吐出し弁を全閉、吸込み弁を全開にした状態でポンプ駆動用電動機を起動し、ポンプの回転及び水圧が正常になったら吐出し弁を徐々に開き、全開にする。

4:運転中は、ポンプの吐出し圧力、流量及び負荷電流が適正であることを確認する。

5:運転を停止するときは、吐出し弁を徐々に閉め、全閉にしてからポンプ駆動用電動機を止める。

解答と解説

H31前期-A-問16

ボイラーのスートブローに関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:スートブローの目的は、主としてボイラーの伝熱面に付着するすすの除去である。

2:スートブローの蒸気は、ドレンを切り乾燥したものを用いる。

3:スートブローが終了したら、蒸気の元弁及びドレン弁を確実に閉止する。

4:スートブロワが複数の場合は、原則として、燃焼ガスの流れに沿って上流側からスートブローを行う。

5:デスラッガは、抜差し形に分類されるスートブロワで、燃焼室の壁に付着している燃えかすなどの除去に用いられる。

解答と解説

H31前期-A-問17

ボイラーの水位制御器の点検及び整備に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:熱膨張管式水位調整装置の熱膨張管の水側は、1日に1回以上ドレン弁を開いてブローする。

2:電極式水位検出器では、検出筒内の水のブローを1日に1回以上行い、水の純度を高く維持する。

3:電極式水位検出器の検出筒の分解・掃除の際には、電極棒を目の細かいサンドペーパーで磨き、電流を通しやすくする。

4:フロート式水位検出器では、6~12か月に1回程度、フロート室を分解し、フロート室内のスラッジやスケールを除去する。

5:フロート式水位検出器のマイクロスイッチ端子間の電気抵抗は、スイッチが、閉のときはゼロで、開のときは無限大であることをテスターでチェックする。

解答と解説

H31前期-A-問18

水質に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:水が酸性かアルカリ性かは、水中の水素イオン濃度と酸素イオン濃度により定まり、この程度を表示する方法として水素イオン指数(pH)が用いられる。

2:マグネシウム硬度は、水中のマグネシウムイオンの量を、これに対応する炭酸カルシウムの量に換算して試料1リットル中のmg数で表す。

3:濁度は、水中に懸濁する不純物によって水が濁る程度を示すもので、濁度1度は、精製水1リットルに白陶土(カオリン)1㎎を含む濁りである。

4:酸消費量(pH8.3)を滴定する場合は、フェノールフタレイン溶液を指示薬として用いる。

5:電気伝導率は、その単位がS/m、mS/m、μS/mなどで表され、ボイラー水の電気伝導率を測定することにより、水中の電解質の濃度の概略値を求めることができる。

解答と解説

H31前期-A-問19

ボイラー給水中の溶存気体の除去に関し、AからDまでの記述のうち、正しいもののみを全て挙げた組合せは、次のうちどれか。

A 膜脱気法は、高分子気体透過膜の片側に水を供給し、反対側を加圧して、溶存気体を除去する方法である。

B 真空脱気法は、水を真空雰囲気にさらすことによって溶存気体を除去する方法である。

C 加熱脱気法は、水を加熱し、溶存気体の溶解度を上げることにより、溶存気体を除去する方法である。

D 窒素置換脱気法は、水中に窒素を吹き込むことにより、酸素の分圧を下げて、溶存酸素を除去する方法である。

1:A、B、C

2:A、B、D

3:A、C

4:B、C、D

5:B、D

解答と解説

H31前期-A-問20

ボイラーの内面腐食に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:給水中に含まれる溶存気体のO2やCO2は、鋼材の腐食の原因となる。

2:苛性ぜい化は、金属面の結晶粒界に生じる割れで、ボイラー水のアルカリ濃度が高くなった場合に生じる。

3:アルカリ腐食は、高温のボイラー水中で濃縮した水酸化カルシウムと鋼材が反応して生じる。

4:腐食には、形態によって、全面腐食と局部腐食がある。

5:ボイラー水の酸消費量を調整することによって、腐食を抑制する。

解答と解説

スポンサーリンク

Home > H31前期問題と解答・解説 > ボイラーの取扱い(A11~A20)

Page Top

© 2011-2020 過去問.com