Home > H21秋期問題と解答・解説 > ストラテジ系

スポンサーリンク

ストラテジ系

H21秋期-問1

デファクトスタンダードの意味として、最も適切なものはどれか。

ア:工業製品に関して、日本工業規格として定めたもの

イ:工業や科学技術に関して、国際標準化機構が定めた規格

ウ:特定の企業やグループなどが採用した仕様が広く使用されるようになり、事実上の業界標準になったもの

エ:特定の国や地域、企業などに限られた基準ではなく、世界中どこでも適用される規格

解答と解説

H21秋期-問2

パレート図の使用が最も適切である分析対象はどれか。

ア:生産工程の信頼性

イ:製品の重量のばらつき

ウ:品質不良の要因ごとの構成比率

エ:二つの変動要素の間の関係

解答と解説

H21秋期-問3

CSRに基づいた活動として、最も適切なものはどれか。

ア:原材料の使用量を減らすとともに、消費電力を少なくした製品を提供する。

イ:自社製品に新しい機能を付加し、他社製品と差別した製品を提供する。

ウ:セル生産方式を導入し、市場の多様なニーズに合わせた製品を提供する。

エ:他企業の買収によって、自社がもっていなかった製品を提供する。

解答と解説

H21秋期-問4

データマイニングとは、データベースに蓄積されている大量のデータに対し、統計やパターン認識などの手法を用いることによって、認識されていなかった規則性や関係性を導き出す技術である。データマイニングの応用分野として、最も適切なものはどれか。

ア:顧客に応じた商品の推薦

イ:生産計画に基づく製造機械の割当て

ウ:店舗別商品カテゴリ別の売上高の集計

エ:累積購買金額による優良顧客の抽出

解答と解説

H21秋期-問5

複数の企業がアライアンスによって連携して活動する際に、軽減が期待できるリスクとして、最も適切なものはどれか。

ア:事業投資リスク

イ:情報漏えいリスク

ウ:人材流出リスク

エ:不正リスク

解答と解説

H21秋期-問6

ハウジングサービスについて説明したものはどれか。

ア:サービス提供事業者が、インターネット経由で業務ソフトウェアを提供するサービス

イ:サービス提供事業者が、ほかの企業の情報システムに関する企画や開発、運用、管理、保守業務を行うサービス

ウ:サービス提供事業者が、利用者に自社の建物内に設置したサーバや通信機器を貸し出すサービス

エ:サービス提供事業者が、利用者の通信機器やサーバを自社の建物内に設置し運用するサービス

解答と解説

H21秋期-問7

一定期間ごとに最適量を発注する方式を定期発注方式という。この定期発注方式では購買品を調達するに当たり、発注サイクルを10日、納入リードタイムを5日、1日の平均消費量を50個、安全在庫量を30個とした場合、今回の発注量は幾らか。ここで、発注は、発注日の消費終了後に行うものとし、今回の発注時点での在庫量は300個で、発注残はないものとする。

ア:420

イ:450

ウ:480

エ:530

解答と解説

H21秋期-問8

ファブレスを説明したものはどれか。

ア:相手先の商標やブランドで製品を製造し、供給すること

イ:自社では工場を持たずに製品の企画を行い、他の企業に生産委託する企業形態

ウ:製品の企画から製造、販売までの機能を垂直統合した製造小売業のこと

エ:製品の設計、試作、製造を一括して生産受託するサービスのこと

解答と解説

H21秋期-問9

2人又はそれ以上の上司から指揮命令を受けるが、プロジェクトの目的管理と職能部門の職能的責任との調和を図る組織構造はどれか。

ア:事業部制組織

イ:社内ベンチャ組織

ウ:職能別組織

エ:マトリックス組織

解答と解説

H21秋期-問10

キャッシュフローの増加要因となるものはどれか。

ア:受取手形や売掛金などの売上債権の増加

イ:器具や備品などの投資金額の増加

ウ:製品在庫などの棚卸資産の増加

エ:短期や長期の借入金の増加

解答と解説

H21秋期-問11

インターネットなどのネットワークを介してコンピュータを利用する場合において、不正アクセス禁止法で禁止されている行為はどれか。

ア:他人のIDとパスワードを、本人の許可なく、その利用方法を知っている第三者に教えること

イ:他人のPC操作を盗み見るなどして、他人のIDとパスワードを入手すること

ウ:本人の了解を得ることなく、他人のメールアドレスを第三者に教えること

エ:本人の了解を得ることなく、不正に他人のメールアドレスを入手すること

解答と解説

H21秋期-問12

A社では企業理念に基づいてビジネス戦略を策定し実行するための手順を考えた。重要成功要因の抽出、ビジネス環境の分析、ビジネス戦略の立案、ビジョンの設定を図のように順序付けて行うとき、図の④でおこなうものはどれか。

ア:重要成功要因の抽出

イ:ビジネス環境の分析

ウ:ビジネス戦略の立案

エ:ビジョンの設定

解答と解説

H21秋期-問13

損益計算資料から求められる損益分岐点となる売上高は何百万円か。

ア:160

イ:250

ウ:300

エ:360

解答と解説

H21秋期-問14

業務で利用するデータの構造を分析し、抽出したエンティティとエンティティ間の関係をE-R図などで整理する手法はどれか。

ア:データクリーニング

イ:データクレンジング

ウ:データマイニング

エ:データモデリング

解答と解説

H21秋期-問15

CRMの導入効果として、最も適切なものはどれか。

ア:売掛金に対する顧客の支払状況を把握しやすくなる。

イ:顧客が発注してから納品するまでの時間を短縮しやすくなる。

ウ:顧客に対するアプローチ方法を営業部門全体で共有しやすくなる。

エ:顧客のニーズや欲求に対する理解が深まり長期的な関係を築きやすくなる。

解答と解説

H21秋期-問16

SWOT分析で把握できるものはどれか。

ア:経営環境

イ:事業戦略

ウ:事業目標

エ:事業領域

解答と解説

H21秋期-問17

情報システムのサービスを行っているA社は、B社に対して表に示す分担で施設や機器などを提供する契約を締結した。A社が提供するサービスの内容として、適切なものはどれか。

ア:SaaS

イ:システム開発の受託

ウ:ハウジングサービス

エ:ホスティングサービス

解答と解説

H21秋期-問18

企業会計を財務会計と管理会計に分類したとき、管理会計の特徴を表したものはどれか。

ア:一会計期間ごとに決算を行い、貸借対照表や損益計算書などの財務諸表の作成が強制される。

イ:企業の経営者が、株主や債権者などの企業外部の利害関係者に対して会計報告を行う。

ウ:財務諸表規則や企業会計規則、各種会計基準などの会計法規に準拠した会計処理を行なう必要がある。

エ:部門、製品、地域別の予算統制、利益管理、業務評価など、経営判断のための内部報告書を作成する。

解答と解説

H21秋期-問19

要件定義プロセスに含まれる作業はどれか。

ア:システム化計画の作成と承認

イ:システム詳細設計の実施

ウ:システム投資効果とシステム化費用の予測

エ:システム利用者のニーズの整理

解答と解説

H21秋期-問20

ICカードと磁気カードの偽造に対する安全性の比較に関する記述のうち、適切なものはどれか。

ア:ICカードは、ICチップへの情報の格納や情報の暗号化を行っているので、磁気カードに比べて偽造されにくい。

イ:ICカードは、情報の記録に二次元コードを使うので、磁気カードに比べて偽造されにくい。

ウ:磁気カードは、磁気ストライプに情報を格納しており、ICカードに比べて情報を保護する仕組みが複雑で偽造されにくい。

エ:磁気カードは、情報の記録にバーコードを利用しており、ICカードに比べて偽造されにくい。

解答と解説

H21秋期-問21

新製品の開発に当たって生み出される様々な成果のうち、著作権法による保護の対象となるものはどれか。

ア:機能を実現するために考え出された独創的な発明

イ:機能を実現するために必要なソフトウェアとして作成されたプログラム

ウ:新製品の形状、模様、色彩など、斬新な発想で創作されたデザイン

エ:新製品発表に向けて考え出された新製品のトレードマーク

解答と解説

H21秋期-問22

ECサイトに関連するマーケティング施策のうち、マーケティングミックスを構成する4PのPlaceに関連するものはどれか。

ア:ECサイトでの販売に際し、ECサイト専用の商品を開発した。

イ:ECサイトへの来訪者を増加させるために、検索連動型広告を活用した。

ウ:従来、代理店を通じて販売していた商品のECサイトでの直販を開始した。

エ:販売代理店の手数料が不要になったので、ECサイトで直販する商品の価格を下げた。

解答と解説

H21秋期-問23

労働基準法において、時間外および休日の労働を認めるために規定されていることはどれか。

ア:会社の就業規則が作成されていること

イ:本人の労働意思が個別に確認されていること

ウ:労使の協定を書面で締結し、行政官庁に届け出ること

エ:割増賃金について、支給細目が決まっていること

解答と解説

H21秋期-問24

PCやインターネットなどのITを利用する能力や機会の違いによって、経済的又は社会的な格差が生じることを何というか。

ア:アクセシビリティ

イ:ダイバーシティ

ウ:ディジタルディバイド

エ:ディジタルデモクラシー

解答と解説

H21秋期-問25

ソフトウェアライフサイクルプロセスにおいて、システム化計画の立案で行うべき作業はどれか。

ア:経営要求、課題の確認

イ:システム要件の定義

ウ:導入の費用対効果の予測

エ:ベンダ企業の評価基準の作成

解答と解説

H21秋期-問26

インターネット広告手法の一つであるアフィリエイトを説明したものはどれか。

ア:あらかじめ受信者の許可を得て、興味のある分野の広告を電子メールで送る。

イ:個人のホームページなどに企業の広告やWebサイトへのリンクを掲載し、誘導実績に応じた報酬を支払う。

ウ:自社のWebサイトを検索エンジンの検索結果の上位に表示させる。

エ:大規模なポータルサイトなどに自社のWebサイトへの入り口となる画像を設置し、誘導する。

解答と解説

H21秋期-問27

製品やサービスの価値を機能とコストの関係で把握し、体系化された手順によって価値の向上を図る手法はどれか。

ア:重要成功要因

イ:バリューエンジニアリング

ウ:バリューチェーン

エ:付加価値分析

解答と解説

H21秋期-問28

組込みシステムの特徴として、最も適切なものはどれか。

ア:組込みシステムの開発や稼動には、専用のOSを使用する。

イ:組込みシステムの稼動には、ネットワークへの接続が必要である。

ウ:組み込みシステムは機器内部の制御用であり、ユーザインターフェイスは不要である。

エ:組込みシステムは専用化されたハードウェアやソフトウェアから成る。

解答と解説

スポンサーリンク

Home > H21秋期問題と解答・解説 > ストラテジ系

Page Top

© 2011-2017 過去問.com