Home > 労働衛生(有害業務) > H30前期-問14

H30前期-問14

金属による中毒に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1:鉛中毒では、貧血、伸筋麻痺、腹部の疝痛などの症状がみられる。

2:カドミウム中毒では、感情不安定、幻覚などの精神障害や手指の震えなどの症状がみられる。

3:マンガン中毒では、指の骨の溶解、皮膚の硬化などの症状がみられる。

4:クロム中毒では、低分子蛋白尿、歯への黄色の色素沈着、視野狭窄などの症状がみられる。

5:金属水銀中毒では、骨軟化症、鼻中隔穿孔などの症状がみられる。

答:1

1:正しい。鉛中毒では、貧血、伸筋麻痺、腹部の疝痛などの症状がみられる。

2:誤り。カドミウム中毒では、上気道炎、肺炎、腎障害などがみられる。

3:誤り。マンガン中毒では、筋のこわばり、ふるえ、歩行困難などの神経症状がみられる。

4:誤り。クロムによる慢性中毒では、骨軟化症、鼻中隔穿孔などの症状がみられる。

5:誤り。金属水銀中毒では、感情不安定、幻覚などの精神障害や手指の震えなどの症状がみられる。

スポンサーリンク

Home > 労働衛生(有害業務) > H30前期-問14

Page Top

© 2011-2019 過去問.com