Home > 関係法令(有害業務) > H29後期-問10

H29後期-問10

労働基準法に基づき、全ての女性労働者について、就業が禁止されている業務は次のうちどれか。

1:異常気圧下における業務

2:多量の高熱物体を取り扱う業務

3:20kgの重量物を継続作業として取り扱う業務

4:削岩機、鋲打機等身体に著しい振動を与える機械器具を用いて行う業務

5:強烈な騒音を発する場所における業務

答:3

1:誤り。異常気圧下における業務は、妊婦の就業が禁止されている。

2:誤り。多量の高熱物体を取り扱う業務は、妊婦の就業が禁止されている。

3:正しい。20kg以上の重量物を継続作業として取り扱う業務は、全ての女性労働者について、就業が禁止されている。

4:誤り。削岩機、鋲打機等身体に著しい振動を与える機械器具を用いて行う業務は、妊産婦の就業が禁止されている。

5:誤り。強烈な騒音を発する場所における業務は、女性の就業は禁止されていないが、年少者の就業が禁止されている。

スポンサーリンク

Home > 関係法令(有害業務) > H29後期-問10

Page Top

© 2011-2019 過去問.com