Home > H21後期問題と解答・解説 > 関係法令(B11~B20)

スポンサーリンク

関係法令(B11~B20)

H21後期-B-問11

伝熱面積の算定方法に関し、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

1:横煙管ボイラーの煙管の伝熱面積は、煙管の内径側で算定する。

2:立て横管ボイラーの伝熱面積は、横管の内径側で算定する。

3:貫流ボイラーは、燃焼室入口から過熱器入口までの水管の燃焼ガスに触れる面の面積で伝熱面積を算定する。

4:鋳鉄製ボイラーの伝熱面積には、スタッドの部分も算入する。

5:水管ボイラーの胴、エコノマイザ、過熱器及び空気予熱器は伝熱面積に算入しない。

解答と解説

H21後期-B-問12

法令上、一級ボイラー技士をボイラー取扱作業主任者として選任できない作業は、次のうちどれか。ただし、いずれのボイラーも、異常があった場合に安全に停止させることができる機能を有する自動制御装置を設置していないものとする。

1:最高使用圧力1.2MPa、伝熱面積245m2の蒸気ボイラー2基及び最高使用圧力0.2MPa、伝熱面積18m2の温水ボイラー2基の計4基のボイラーを取り扱う作業

2:最高使用圧力1.2MPa、最大電力設備容量400kWの電気ボイラー20基を取り扱う作業

3:最高使用圧力1.6MPa、伝熱面積200m2の廃熱ボイラー4基を取り扱う作業

4:最高使用圧力1.6MPa、伝熱面積160m2の蒸気ボイラー3基及び最高使用圧力1.6MPa、伝熱面積60m2の貫流ボイラー1基の計4基のボイラーを取り扱う作業

5:最高使用圧力3MPa、伝熱面積485m2の蒸気ボイラー1基及び最高使用圧力0.2MPa、伝熱面積3m2の蒸気ボイラー5基の計6基のボイラーを取り扱う作業

解答と解説

H21後期-B-問13

ボイラー(小型ボイラーを除く。)の落成検査、性能検査に関し、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

1:落成検査は、構造検査又は使用検査に合格した後でなければ受けることができない。

2:落成検査を受ける者は、水圧試験の準備をしておかなければならない。

3:落成検査に合格したボイラー又は落成検査の必要がないと認められたボイラーについて、ボイラー検査証が交付される。

4:ボイラー検査証の有効期間は原則1年であるが、性能検査の結果により1年を超え2年以内の期間を定めて更新されることがある。

5:性能検査を受ける者は、検査に立ち会わなければならない。

解答と解説

H21後期-B-問14

ボイラー室の管理等に関し、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

1:ボイラー室その他のボイラー設置場所には、関係者以外の者がみだりに立ち入ることを禁止し、その旨を見やすい箇所に掲示すること。

2:ボイラー検査証並びにボイラー設置者の資格及び氏名をボイラー室その他のボイラー設置場所の見やすい箇所に掲示すること。

3:ボイラーとれんが積みとの間にすき間が生じたときは、すみやかに補修すること。

4:ボイラー室には、必要がある場合のほか、引火しやすいものを持ち込ませないこと。

5:移動式ボイラーにあっては、ボイラー検査証又はその写しをボイラー取扱作業主任者に所持させること。

解答と解説

H21後期-B-問15

ボイラー(小型ボイラーを除く。)の次の設備等を変更するとき、法令上、所轄労働基準監督署長にボイラー変更届を提出する必要のないものはどれか。

1:炉筒

2:管寄せ

3:エコノマイザ

4:過熱器

5:空気予熱器

解答と解説

H21後期-B-問16

ボイラー(小型ボイラーを除く。)の自主検査に関し、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

1:ボイラーは、原則として、使用を開始した後、1月以内ごとに1回、定期自主検査を行わなければならない。

2:ボイラーを、1月を超える期間使用しない場合、その期間は定期自主検査を実施する必要はない。

3:1月を超える期間使用しないボイラーを再び使用するときは、定期自主検査に定める項目について自主検査を行わなければならない。

4:定期自主検査の項目に定められているものは、ボイラー本体、附属装置及び附属品、通風装置、燃焼装置の4項目である。

5:定期自主検査を行ったときは、その結果を記録し、3年間保存しなければならない。

解答と解説

H21後期-B-問17

鋼製ボイラーの安全弁に関し、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

1:貫流ボイラー以外の蒸気ボイラーの安全弁は、弁軸を鉛直にしてボイラー本体の容易に検査できる位置に直接取り付けなければならない。

2:貫流ボイラーには、ボイラー本体と過熱器の出口付近のそれぞれに安全弁を取り付け、安全弁の吹出し総量を最大蒸発量以上にしなければならない。

3:過熱器には、過熱器の出口付近に過熱器の温度を設計温度以下に保持することができる安全弁を備えなければならない。

4:伝熱面積が50m2以下の蒸気ボイラーは、安全弁を1個とすることができる。

5:水の温度が120℃を超える温水ボイラーには、内部の圧力を最高使用圧力以下に保持することができる安全弁を備えなければならない。

解答と解説

H21後期-B-問18

次の文中の内に入れるAからCの数字又は語句の組合せとして、法令上、正しいものは1~5のうちどれか。

「最高使用圧力1MPa以上の鋼製の蒸気ボイラー(移動式ボイラーを除く。)の吹出し管には、吹出し弁を[ A ]個以上又は吹出し弁と吹出しコックをそれぞれ[ B ]個以上[ C ]に取り付けなければならない。」

1:A=2 B=1 C=並列

2:A=3 B=2 C=直列

3:A=3 B=2 C=鉛直

4:A=3 B=2 C=並列

5:A=2 B=1 C=直列

解答と解説

H21後期-B-問19

鋼製ボイラーの自動制御装置に関し、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

1:自動給水調整装置は、蒸気ボイラーごとに設けなければならない。

2:自動給水調整装置を有する蒸気ボイラー(貫流ボイラーを除く。)には、原則として、低水位燃料遮断装置を設けなければならない。

3:低水位燃料遮断装置は、蒸気ボイラーの起動時に水位が安全低水面以下である場合及び運転時に水位が安全低水面以下になった場合に、自動的に燃料の供給を遮断する機能を有する装置でなければならない。

4:ボイラーの使用条件により運転を緊急停止することが適さないボイラーでは、低水位燃料遮断装置に代えて、低水位警報装置を設けることができる。

5:貫流ボイラーでは、自動給水調整装置を設けた場合は、低水位燃料遮断装置に代えて、低水位警報装置を設けることができる。

解答と解説

H21後期-B-問20

鋳鉄製ボイラーの附属品に関し、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

1:温水ボイラーには、ボイラーの本体又は温水出口付近に、原則として、水高計を取り付けなければならない。

2:温水ボイラーには、水高計に代えて圧力計を取り付けることができる。

3:開放型膨張タンクに通ずる逃がし管であって、内部の圧力を最高使用圧力以下に保持することができるものを備えた暖房用温水ボイラーは、逃がし弁を備えなくてもよい。

4:温水ボイラーで圧力が0.3MPaを超えるものには、温水温度が120℃を超えないように温水温度自動制御装置を設けなければならない。

5:給水が、水道から供給される場合には、この水道に接続する管を逃がし管に取り付けなければならない。

解答と解説

スポンサーリンク

Home > H21後期問題と解答・解説 > 関係法令(B11~B20)

Page Top

© 2011-2017 過去問.com