Home > マネジメント系 > H27春期-問32

H27春期-問32

ソフトウェア開発モデルの一つであるウォータフォールモデルの記述として、適切なものはどれか。

ア:オブジェクト指向開発において、設計とプログラミングを何度か行き来し、トライアンドエラーで改良していく手法である。

イ:サブシステムごとに開発プロセスを繰り返し、利用者の要求に対応しながら改良していく手法である。

ウ:システム開発の工程を段階的に分割し、前工程の成果物に基づいて後工程の作業を順次進めていく手法である。

エ:システム開発の早い段階で試作品を作成し、利用者の意見を取り入れながら要求や仕様を確定する手法である。

答:ウ

ア:誤り。オブジェクト指向開発において、設計とプログラミングを何度か行き来し、トライアンドエラーで改良していく手法は、ラウンドトリップモデルである。

イ:誤り。利用者の要求に対応しながら改良していく手法は、スパイラルモデルである。

ウ:正しい。ウォータフォールモデルは、システム開発の工程を段階的に分割し、前工程の成果物に基づいて後工程の作業を順次進めていく手法である。

エ:誤り。システム開発の早い段階で試作品を作成し、利用者の意見を取り入れながら要求や仕様を確定する手法は、プロトタイピングモデルである。

スポンサーリンク

Home > マネジメント系 > H27春期-問32

Page Top

© 2011-2020 過去問.com