Home > ストラテジ系 > H27春期-問31

H27春期-問31

製造業のA杜は、製品開発のリードタイムを短縮するために、工程間で設計情報を共有し、前工程が完了しないうちに、着手可能なものから後工程の作業を始めることにした。この考え方は何に基づくものか。

ア:FMS

イ:MRP

ウ:コンカレントエンジニアリング

エ:ジャストインタイム

答:ウ

ア:誤り。FMSは、多品種で小ロットの生産を可能にするシステムである。

イ:誤り。MRPは、生産計画から必要な資材量を求め、最適な資材量や在庫量の決定をするシステムである。

ウ:正しい。コンカレントエンジニアリングでは、複数の工程を並行して進める考え方である。

エ:誤り。ジャストインタイムは、必要な時期に必要な量だけの資材量を確保し、生産工程における在庫を最小化する考え方である。

スポンサーリンク

Home > ストラテジ系 > H27春期-問31

Page Top

© 2011-2020 過去問.com