Home > ストラテジ系 > H27春期-問30

H27春期-問30

コーポレートガバナンスの観点から、経営の意思決定プロセスを監視・監督する機能を強化する方法として、最も適切なものはどれか。

ア:社長室への出入りを監視するためのカメラを設置する。

イ:定期的に私立探偵に経営者の素行調査を依頼する。

ウ:取締役の一部を社外取締役にする。

エ:法学部出身者を内部監査部門の社員として雇用する。

答:ウ

ア:誤り。社長室への出入りを監視しても、経営の意思決定には作用しない。

イ:誤り。経営者の素行調査は、経営の意思決定には作用しない。

ウ:正しい。経営の意思決定は、取締役会で行われるため、利害関係の少ない社外取締役の採用は、監視・監督する機能の強化として有効である。

エ:誤り。内部監査部門の社員は、経営の意思決定に関わらない。

スポンサーリンク

Home > ストラテジ系 > H27春期-問30

Page Top

© 2011-2020 過去問.com