Home > 中問 > H26秋期-問93

H26秋期-問93

[中問C]
テストの採点結果の分析に関する次の記述を読んで、問に答えよ。

F教育機関では、P、Q、R、S、T、Uの六つの組がある。各組の受講生数は、P、Q組が35名、R組が25名、S、T、U組が30名である。このたび、6組共通のテストを行い、採点結果の分析を行うことになった。

[テストの採点結果の分析の概要]
(1)テストの問題数は10問で、1問を1点として、10点満点である。
(2)図1は、テストの採点結果入力のワークシートである。ワークシートのセルB2~B36には、P組の受講生の得点を入力する。同様に、ワークシートの列C~Gに、それぞれQ~U組の得点を入力する。

(3)テストの採点結果の分析は、得点の平均(以下、平均点という)及び標準偏差を使って行う。

標準偏差は、得点のばらつきの度合いを表す指標である。受講生数がそれぞれ100人で、得点が1~4点に分布する表1の分布例1~5とその平均点及び標準偏差を例にとると、分布例1や分布例2のように、全員が同じ得点だった場合は、平均点に対して全く得点のばらつきがないことから標準偏差は0になる。また、分布例3~5のように、平均点が同じでも、得点のばらつきが大きいほど、標準偏差は大きくなる。

図2のテストの採点結果入力のワークシートに、組別の得点分布表を作成するために、セルB40に計算式を入力してセルB40~G50に複写する。セルB40に入れる適切な式はどれか。

[ワークシートの説明]
(1)セルA40~A50には、得点を示す数値として、それぞれの0~10を入力する。
(2)セルB40~B50には、P組のの0~10点の人数を、それぞれ表示する式を入力する。
(3)同様にセルC40~C50にはQ組、セルD40~D50にはR組、セルE40~E50にはS組、セルF40~F50にはT組、セルG40~G50にはU組の得点別人数を表示する式を入力する。

ア:条件付個数(B$2~B$36、=A$40)

イ:条件付個数(B$2~B$36、=$A40)

ウ:条件付個数($B2~$B36、=A$40)

エ:条件付個数($B2~$B36、=$A40)

答:イ

式を異なるセルに複写するとき、$が付いている部分は絶対参照になり変更されない。

式をB列から異なる列に複写するときに、列を変更させるため、Bには$を付けない。

また、各組のテスト結果は、各列の2行目から36行目に格納されており、2~36というのは、どの列でも共通であるため$を付ける。
したがって関数のセル範囲は「B$2~B$36」になる。

一方で、比較対象になる得点のセルは、A列で固定なので、Aに$を付ける。

また、式を40行目から異なる行に複写するときに、行を変更させるため、40には$を付けない。

したがって関数の検索条件の記述は「=$A40」になる。

よって正解はイとなる。

スポンサーリンク

Home > 中問 > H26秋期-問93

Page Top

© 2011-2020 過去問.com