Home > 労働衛生(有害業務) > H30後期-問19

H30後期-問19

局所排気装置に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1:ダクトの形状には円形、角形などがあり、その断面積を大きくするほど、ダクトの圧力損失が増大する。

2:フード開口部の周囲にフランジがあると、フランジがないときに比べ、気流の整流作用が増すので、大きな排風量が必要となる。

3:ドラフトチェンバ型フードは、発生源からの飛散速度を利用して捕捉するもので、外付け式フードに分類される。

4:建築ブース型フードは、作業面を除き周りが覆われているもので、外付け式フードに分類される。

5:ダクトは、曲がり部分をできるだけ少なくするように配管し、主ダクトと枝ダクトとの合流角度は45°を超えないようにする。

答:5

1:誤り。ダクトの形状には円形、角形などがあり、その断面積を大きくするほど、ダクトの圧力損失は減少する。

2:誤り。フード開口部の周囲にフランジがあると、フランジがないときに比べ、少ない排風量で所要の効果を上げることができる。

3:誤り。ドラフトチェンバ型フードは、作業面を除き周りが覆われているもので、囲い式フードに分類される。

4:誤り。建築ブース型フードは、作業面を除き周りが覆われているもので、囲い式フードに分類される。

5:正しい。ダクトは、曲がり部分をできるだけ少なくするように配管し、主ダクトと枝ダクトとの合流角度は45°を超えないようにする。

スポンサーリンク

Home > 労働衛生(有害業務) > H30後期-問19

Page Top

© 2011-2019 過去問.com