Home > テクノロジ系 > H27春期-問69

H27春期-問69

ソーシャルエンジニアリングによる被害に結びつきやすい状況はどれか。

ア:運用担当者のセキュリティ意識が低い。

イ:サーバ室の天井の防水対策が行われていない。

ウ:サーバへのアクセス制御が行われていない。

エ:通信経路が暗号化されていない。

答:ア

ア:正しい。運用担当者のセキュリティ意識が低いと、ソーシャルエンジニアリングによる被害に結びつきやすい。

イ:誤り。サーバ室の天井の防水対策は物理的対策で、ソーシャルエンジニアリングによる人的な被害とは関係しない。

ウ:誤り。サーバへのアクセス制御は技術的対策で、ソーシャルエンジニアリングによる人的な被害とは関係しない。

エ:誤り。通信経路暗号化は技術的対策で、ソーシャルエンジニアリングによる人的な被害とは関係しない。

スポンサーリンク

Home > テクノロジ系 > H27春期-問69

Page Top

© 2011-2020 過去問.com