Home > マネジメント系 > H27春期-問42

H27春期-問42

ITガバナンスについて記述したものはどれか。

ア:企業が、ITの企画、導入、運営及び活用を行うに当たり、関係者を含む全ての活動を適正に統制し、目指すべき姿に導く仕組みを組織に組み込むこと

イ:企業を効率的に支える、IT運用の考え方、手法やプロセスなどについて様々な成功事例をまとめたもの

ウ:業務改革又は業務の再構築のために、ITを最大限に利用して、これまでの仕事の流れを根本的に変え、コスト、品質、サービス及び納期の面で、顧客志向を徹底的に追及できるように業務プロセスを設計し直すこと

エ:組織体として業務とシステムの改善を図るフレームワークであり、顧客ニーズをはじめとする社会環境やIT自体の変化に素早く対応できるよう、“全体最適”の観点から業務やシステムを改善するための仕組み

答:ア

ア:正しい。ITガバナンスは、企業が、ITの企画、導入、運営及び活用を行うに当たり、関係者を含む全ての活動を適正に統制し、目指すべき姿に導く仕組みを組織に組み込むことである。

イ:誤り。企業を効率的に支える、IT運用の考え方、手法やプロセスなどについて様々な成功事例をまとめたものは、ITILである。

ウ:誤り。業務改革又は業務の再構築のために、ITを最大限に利用して、これまでの仕事の流れを根本的に変え、コスト、品質、サービス及び納期の面で、顧客志向を徹底的に追及できるように業務プロセスを設計し直すことは、BPRである。

エ:誤り。組織体として業務とシステムの改善を図るフレームワークであり、顧客ニーズをはじめとする社会環境やIT自体の変化に素早く対応できるよう、“全体最適”の観点から業務やシステムを改善するための仕組みは、EAである。

スポンサーリンク

Home > マネジメント系 > H27春期-問42

Page Top

© 2011-2020 過去問.com